当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

※この記事には広告・PRが含まれています。

【フルート奏者:高木綾子特集】経歴、特徴、使用楽器などをご紹介♫

2023年10月20日

執筆者紹介

執筆者紹介

当ブログでは、フルートを中心とした音楽情報に関するブログ記事を投稿しています😁

私の細かいプロフィールはこちらです😁

どーも、Irassaiです😎

フルート奏者の高木綾子さんはご存知ですか??

一流のフルーティストで、東京藝術大学准教授としてフルートの指導もされています😊

特に、EARTHという曲は大人気でして、フルートのレパートリーとしてよく使用されます🤩

今回は、高木綾子とは、経歴、特徴、使用楽器、CD、コンサート、ツイッター、レッスン、実際の演奏、インタビューを通じた考え方などをご紹介していきたいと思います😁

では、行ってみよう♫

Irassai

この記事はこんな方におすすめじゃ

ポイント

・高木綾子さんについて知りたい方

・国内のフルート奏者について知りたい方

・一流のフルーティストの考え方を知りたい方

ちなみに、楽譜を自動で伴奏してくれるアプリがあることはご存知でしょうか??

Metronautは、自分の好みな曲を選択すると楽譜が表示され、さらに伴奏音源を流しながら自分の楽器を練習することができるアプリです😆

例えば、自分の好きな曲を選択し、ピアノ伴奏を流しながらフルートを演奏することができます😍

また、フルートをオンにすれば、お手本演奏として音源を聴くこともできます😍

今なら、1週間無料トライヤルを実施していますので、試しに使用してみてはいかがでしょうか👍

*リンク先は英語表記ですが、ダウンロード後は日本語表記になりますのでご安心ください。

また、以下の記事ではMetronautを始めとした自動伴奏アプリやそれらの使い方について紹介していますので、こちらもぜひご覧になってみてください👍

簡単プロフィール

名前:高木綾子

生年月日:1977年9月2日

出身地:愛知県豊田市

職業:フルート奏者、教育者

師事した先生方:西村智江、橋本量至、ジェラール・ノアック、小坂哲也、山崎成美、金昌国、パウル・マイゼン

出身大学:東京藝術大学及び東京藝術大学大学院

所属:株式会社AMATI、東京藝術大学准教授、洗足学園音楽大学客員教授(日本大学芸術学部、武蔵野音楽大学、桐朋学園大学において非常勤講師も務めている)

家族構成:旦那(松永英也、トロンボーン奏者)、2人の息子、1人の娘の5人家族

使用楽器:ヘルムートハンミッヒ(シルバー)など

詳細プロフィール

バイオグラフィー

・3歳よりピアノ、8歳よりフルートを始める。

・東京藝術大学付属高校、東京藝術大学を経て、同大学院修了。

・新イタリア合奏団、シュトゥットガルト室内管弦楽団、ミラノ弦楽合奏団、サンクトペテルブルク交響楽団、フランツ・リスト室内管弦楽団などと共演。

・2004年秋、パリ室内管弦楽団との共演。

・トヨタ・クラシックス2006で、名古屋フィルハーモニー管弦楽団のソリストとして、アジアツアーへ同行。

・2008年6月には、韓国にてKBS交響楽団と共演。

・2009年4月、NHK交響楽団とフルート協奏曲を共演。

・2022/10現在、ソリスト兼東京芸術大学准教授、および洗足学園音楽大学客員教授として後進の指導にあたっている。

使用楽器 ヘルムートハンミッヒとは

高木さんの使用されている「ヘルムートハンミッヒ」というブランドはご存知でしょうか??

ドイツの有名なフルート一族のヘルムート・ハンミッヒ氏(1907年-1995年)による作品で、フルートとピッコロを合わせ、約460本ほどしかない名器になります😆

今では中々お目にかかれないフルートで、どんな音色がするのか??一回生演奏を聞いてみたいものです😙

ヘルムートハンミッヒについては、以下の記事をご参照ください😊

主な受賞歴

1995年 毎日新聞社主催全日本学生音楽コンクール東京大会第1位。

1999年 宝塚ベガコンクール優勝。

1999年 日本フルート・コンベンション・コンクール優勝、オーディエンス賞受賞。

2000年 第17回日本管打楽器コンクール、フルート部門1位、審査員特別賞、文部大臣奨励賞、東京都知事賞。

2001年 第70回日本音楽コンクール、フルート部門1位。

2001年 ジャン=ピエール・ランパル国際フルートコンクール第4位(1、2位なし)。

2005年 ジャン=ピエール・ランパル国際フルートコンクール第3位。

2005年 神戸国際フルート・コンクール第3位。

なお、フルートのコンクールについては以下の記事をご覧ください👍

ディスコグラフィー

「シシリエンヌ~フルート名曲集」

「卒業写真~プレイズ・ユーミン・オン・フルート」

「ジェントル・ドリームズ~20世紀のフルート音楽」

「青春の輝き~プレイズ・カーペンターズ」

「南の想い」

AIR BLUE 青の余白

「イタリア」

「EARTH」

「海へ」

「モーツァルト:フルート協奏曲集」

「モーツァルト:フルート四重奏曲集」

「20世紀フルート名曲集」

「シランクス 〜高木綾子ベスト〜」

高木綾子ベストセレクション~シランクス~

タイトル:フルート曲集/レパートリー フルート 高木綾子 ベスト・セレクション~シランクス~ (FLUTE SOLO)

出版社:株式会社ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス

定価:3300円+税

備考:ピアノ伴奏譜付き

高木さんの代表曲「EARTH」が収録されたフルート曲集です😎

他にも、トップ・オブ・ザ・ワールド、イエスタデイ・ワンス・モア、卒業写真、春よ来いなど、ポップス、クラシックの中から高木さんが選ばれた全21曲が収納されています😊

一部、おしゃれなアレンジが入っており、全ての曲が楽しめる曲集となっています😍

なお、EARTHを含めた中級者向けの楽譜については以下の記事をご覧ください👍

ツイッターでの高木綾子さん

高木綾子さんはツイッターを積極的に活用されており、日々のプライベートからコンサート情報などのツイートまで幅広く投稿されています😘

最近では、久しぶりの健康診断で初バリウムを嫌がるお茶目な投稿がありました😊

高木さんの考え方やキャラクターが楽しめるので、興味ある方はぜひフォローしてみましょう♫

リンク:https://twitter.com/flute_takagi

松永 英也

では、旦那さんである松永 英也さんについても見ていきましょう🤩

兵庫県宝塚市出身のトロンボーン奏者で、テレビ東京ミュージックに所属しています😊

トロンボーンを呉信一、秋山鴻市、栗田雅勝、デニス・ウィック、ダッドリー・ブライト、イアン・バウスフィールドに師事しました🤩

東京藝術大学を卒業されており、高木さんとは 2007年にご結婚されたようです😘

写真などはリンク先をご覧ください

リンク:ヤマハミュージック

実際の演奏

では、実際の演奏を聴いてみましょう😘

今回は、私がおすすめする演奏をピックアップしてお届けしていきたいと思います🤩

なお、楽器練習の際に曲の伴奏があると練習しやすいですよね😆

実は、曲の自動伴奏アプリというものがありまして、私のおすすめはMetronautというアプリになります😁

また、自動伴奏アプリについては以下の記事で詳しく紹介していますので、興味がある方はこちらもご覧になってみてください👍

EARTH

リンク:【高木綾子 earth】

まずは、名曲「EARTH」から聴いてみましょう😉

村松崇継さんが作曲した曲で、壮大で素晴らしいメロディの曲に仕上がっており、スクールの発表会でもプロの方でもよく演奏している、フルートの名曲の1つと言えるでしょう🤩

私の高木さんへの印象は、重厚で奥深い音色ですね😘

ヘルムートハンミッヒがそういう性質なのかもしれませんが、重厚な戦車がやってくるようなパワフルな印象があり、大好きな音色なんですよね😉

その音色とEARTHの壮大なメロディがマッチしていて、まさに名曲に仕上がっています👍

ムゼッタのワルツ

リンク:高木綾子 - 「わたしが町を歩くと」 「わたしのお父さん」 2006

続いて、ムゼッタのワルツとジャンニ・スキッキをギター伴奏付きで聴いてみましょう😊

華やかなメロディの曲で、高木さんの華麗な演奏と力強さが伝わってきます😊

モーツァルト フルートとハープ のための協奏曲

リンク:ウィーンフィルと共演‼︎モーツァルトフルートとハープ のための協奏曲

2005年日本国際博覧会で、ウィーンフィルと共演された時の演奏です🤩

ハープとのコラボが見事にマッチしていますね😍

私としては、最初の高速タンキングを聴いてだけで唸ってしまいました😅こんな華麗なタンキングしてみたいものですわ😅

なお、モーツァルトを含む古典派のフルート作品については以下の記事をご覧ください👍

春よ来い

リンク:高木绫子 长笛演奏:春よ来い(春天来了)

ここで一転、ポップスを聴いてみましょう🤩

1994年のコンサートで、松任谷由実の名曲「春よこい」を演奏されています😘

一点の曇りのない音色にうっとりですわ😍

インタビュー記事

では、インタビュー記事を通じて、高木さんの人柄や考え方を見ていきましょう♫

東京藝術大学 ダイバーシティ推進室

リンク:東京藝術大学 ダイバーシティ推進室 インタビュー

東京藝術大学 ダイバーシティ推進室の藝大卒業生にインタビューする企画の第3弾で、高木さんにインタビューされた時の記事になります🤩

フルートの道を選んだ理由、大学の仕事を選んだ理由、子育てとの両立などについて語られています😊

まず印象的だったのは、とても意志が強く、貫くことができる方ということです😎

例えば、高校受験の時に家族を離れ藝高に行く決断をしていますし、育児や出産を理由に仕事をキャンセルしないことを重視し、出産でキャンセルした大学の仕事は一つだけしかないとか、並大抵の人にはできないですね😅

また、子育てと仕事の両立を重視されている方という印象もありまして、計画的に3人のお子さんを出産していたり、出産1ヶ月後くらいに復帰されていたり、生後1ヶ月の時に金沢に飛行機で連れて行ったりと、とにかく妥協がありません🤩

チェリストの向山佳絵子さんが2人のお子さんがいる状態で素晴らしい演奏をしていたのに感銘を受けたのが、子育てに対する意識が上がったきっかけのようですね😊

最後に「周りにもネガティブな印象を与えないことが大事」など、ポジティブに考えていくのが良いとコメントされています😊この考え方からもとても前向きな方なんだということが伝わってきますね👍

LIBRA Vol.13 No.12 2013/12

リンク:LIBRA Vol.13 No.12 2013/12

LIBRAの企画で、伊藤 敬史さんが聞き手になってインタビューされています😍

このインタビューで印象的だったのは、高木さんが「フルートが嫌い」と発言していたこと😅

柔らかいとか,優しいとか,きらびやかとか,きれいなお姉さんが吹いているみたいなイメージで、人間っぽくない感じにとらえられやすいのが嫌のようです😅

しかし、今の楽器がフルートらしくない音を奏でるため、自分のやりたい表現が出せるようになり、フルートを好きになったようです😊

確かに、ヘルムートハンミッヒが奏でる音色は重厚な感じがしますし、きらびやかとは遠い音色です😊こういう表現がお好きなようですね😚

また、意外だったのは、練習が嫌いとコメントされていたこと😙

子供の頃は、譜面台に漫画を置いていたり、30分くらい弾いてカセットテープに録音したのを流して,裏口から逃げて遊びに行ってしまったりと、かなりヤンチャな一面もあるようです😅

まとめ

さて、本記事をまとめますと・・・

・フルート奏者(ソリスト、東京藝術大学准教授)

・使用楽器:ヘルムートハンミッヒ(シルバー)など

・主な受賞歴:ジャン=ピエール・ランパル国際フルートコンクール第3位、

神戸国際フルート・コンクール第3位など

・代表作:EARTHなど

最後までご覧になって頂き有難うございました😍

ちなみに、楽譜を自動で伴奏してくれるアプリがあることはご存知でしょうか??

Metronautは、自分の好みな曲を選択すると楽譜が表示され、さらに伴奏音源を流しながら自分の楽器を練習することができるアプリです😆

例えば、自分の好きな曲を選択し、ピアノ伴奏を流しながらフルートを演奏することができます😍

また、フルートをオンにすれば、お手本演奏として音源を聴くこともできます😍

今なら、1週間無料トライヤルを実施していますので、試しに使用してみてはいかがでしょうか👍

また、以下の記事ではMetronautを始めとした自動伴奏アプリやそれらの使い方について紹介していますので、こちらもぜひご覧になってみてください👍

楽器を売りたい方へ

使わなくなった楽器や古い楽器の整理をしたいけど、廃棄するのがもったいなかったりしますよね😅

そんな時は、出張買取が便利ですよ😆

出張買取は、業者が自宅まで赴き楽器の査定してくれます😁

そして、気に入った金額ならばその場で支払いをし、楽器を引き取ってくれるのです😆

しかも、買取が不可能でも楽器を引き取り廃棄してくれる業者もあります😆

私がおすすめなのは楽器の買取屋さんで、出張費、査定費が無料で、当日支払いも可能なのです😁

電話での応対も丁寧ですので、もし不必要な楽器の処分に困っていたら、電話で相談してみましょう👍

また、以下の記事では楽器買取について詳しく紹介していますので、興味がある方は以下の記事もご覧になってみてください👍

Visited 282 times, 1 visit(s) today