当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

※この記事には広告・PRが含まれています。

【フルートクラシック楽譜19選:近代】クラシックの有名な曲をご紹介♫

2023年10月19日

どーもIrassaiです😎

クラシックは好きだけども、有名な曲がわからず、何を吹いてらいいかわからない〜😱😱

そんなあなたのために、今回は近代クラシックの有名な作曲家とそのフルート作品についてご紹介します😆

どれもコンクール、コンサート、発表会などで良く耳にする名曲です😚

では、行ってみよう♫

Irassai

この記事はこんな方におすすめじゃ

ポイント

・クラシックで有名なフルートの曲を知りたい方

・有名な作曲家について知りたい方

・楽譜を探している方

ちなみに、楽譜を自動で伴奏してくれるアプリがあることはご存知でしょうか??

Metronautは、自分の好みな曲を選択すると楽譜が表示され、さらに伴奏音源を流しながら自分の楽器を練習することができるアプリです😆

例えば、自分の好きな曲を選択し、ピアノ伴奏を流しながらフルートを演奏することができます😍

また、フルートをオンにすれば、お手本演奏として音源を聴くこともできます😍

今なら、1週間無料トライヤルを実施していますので、試しに使用してみてはいかがでしょうか👍

*リンク先は英語表記ですが、ダウンロード後は日本語表記になりますのでご安心ください。

また、以下の記事ではMetronautを始めとした自動伴奏アプリやそれらの使い方について紹介していますので、こちらもぜひご覧になってみてください👍

近代クラシックとは

本記事における近代とは、ロマン派(1900年)以降の時代のことを指します😎

従って、近代で活躍したクラシックの作曲家とそのフルート作品ついて紹介していきます♫

なお、今回紹介しきれなかった作品については以下の記事で紹介しています😄

ジョルジェ・エネスク

ジョルジェ・エネスク(George Enescu, 1881年8月19日 – 1955年5月4日)は、ルーマニアの作曲家、ヴァイオリニスト、ピアニストです😎

ルーマニアのリヴェニ村で生まれ、7歳でウィーン音楽院に進学し、パリ音楽院に行き、ヴァイオリンをアルマン・マルシックに、作曲をマスネとフォーレに師事しました😙

エネスクは、クライスラーやティボーと共に20世紀前半の三大ヴァイオリニストの一人とされています😆

作曲作品は、「ルーマニア狂詩曲」、歌劇「エディプス王」や3つの管弦楽組曲が有名です😚

ジョルジェ・エネスクのフルート作品

Cantabile et Presto(カンタービレとプレスト)

ジョルジェ・エネスクによるフルートとピアノのための作品、カンタービレとプレストです😎

パリ国立高等音楽院のフルート科の卒業試験のために書かれた課題曲でして、前半のカンタービレと後半のプレストの対比が絶妙な作品となっています😍

では、聞いてみましょう♫

リンク:カンタービレとプレスト

アルフレード・カゼッラ

アルフレード・カゼッラ(Alfredo Casella, 1883年7月25日 – 1947年3月5日)は、イタリアの作曲家・ピアニストです😎

1896年にパリ音楽院に入学し、ピアノをルイ・ディエメに、作曲をガブリエル・フォーレに師事し、作曲、ピアノ演奏、指揮と幅広く活動をしていました🤩

ヴィヴァルディ作品の復活に大きく貢献しており、交響曲第2番 Op.12などが有名です😘

アルフレード・カゼッラ フルート作品

BARCAROLA et SCHERZOバルカローラとスケルツォ

1903年、カゼッラが20歳の時に作曲したバルカローラとスケルツォです😎

バルカローラはイタリア語で「ベネツィアのゴンドラ乗りが歌う舟歌」を指す言葉で、フィリップ・ゴーベールに捧げられた曲なんだそうです😍

冒頭は低音でテンポ遅めのメロディから始まり、途中からテンポアップし明るく軽快な曲に変わります😆

この曲を聞くと、単にゴンドラで陽気に歌う船歌というわけではなく、奥深い思いが込められていそうです🤩

では、聞いてみましょう♫

リンク:バルカローラとスケルツォ

なお、ゴーベールについては以下の記事で紹介していますので、こちらもご覧ください😘

Sicilienne et Burlesque(シシリエンヌとビュルレスク

1914年に作曲されたシシリエンヌとビュルレスクです🤩

2つの舞曲からなり、パリ音楽院の卒業試験の課題曲として作曲されました😍

冒頭は穏やかな舞曲から始まりますが、後半から激しい激ムズパートが始まります😱

では、聞いてみましょう♫

リンク:シシリエンヌとビュルレスク

エドガー・ヴァレーズ

エドガー・ヴィクトール・アシル・シャルル・ヴァレーズ(Edgar Victor Achille Charles Varèse, 1883年12月22日 - 1965年11月6日)は、フランスの作曲家です😎(後に、アメリカに帰化しています)

初期は、後期ロマン派や印象主義の影響を受けた作品を作曲していましたが、1920年以降は打楽器を多用した作品を作曲したり、電子音楽も取り入れたりしました😆

ヴァレーズの作品は、自身が初期の作品を廃棄した関係もあり、あまり残されていませんが、数々の名曲が今もなお演奏されています😘

エドガー・ヴァレーズ フルート作品

Density 21.5(密度21.5)

無伴奏フルートのための曲、Density 21.5(密度21.5)です😎

これは、ジョルジュ・バレールが初めてプラチナ製フルートを開発した際に、このフルートのための曲をヴァレーズに依頼し作られた曲です😍

この題名は、プラチナの1立方センチメートルの重量が約21.5gであることから、Density 21.5(密度21.5)と名付けられました😘

ドビュッシーのシランクスがフルートの柔らかく美しい特徴を表現しているのに対し、密度21.5がダイナミックな要素を取り入れているため、俗にアンチ・シランクスとも呼ばれているそうです😊

では、聞いてみましょう♫

リンク:密度21.5

なお、密度21.5のような無伴奏曲を知りたい方は以下の記事もご覧ください👍

チャールズ・トムリンソン・グリフス

チャールズ・トムリンソン・グリフス(Charles Tomlinson Griffes, 1884年9月17日 -1920年4月8日)は、アメリカ合衆国の作曲家です😎

ベルリンのシュテルン音楽学校でピアノと作曲を学び、ピアノ教師として活動しました🤩

また、個人的にエンゲルベルト・フンパーディンクに師事し、作曲活動も行っていました😆

有名な曲は、白孔雀、ピアノ・ソナタ、フビライ汗の悦楽宮、詩曲などです🤩

グリフス フルート作品

Poem(詩曲)

東洋的な雰囲気を漂わす曲、Poem(詩曲)です😎

グリフスは、ニューヨークで日本人ダンサーや日本の旋律を学んだようで、その影響もあって作られた曲のようです😊

では、聞いてみましょう♫

リンク:詩曲

ピエール・カミュ

ピエール・カミュ(Pierre Camus, 1885年4月17日 – 1948年)はフランスの作曲家です😎

カミュについてはあまり詳しいことが分かりませんでしたが、彼の作品のシャンソンとバディヌリは有名な曲で、フルーティストが演奏するレパートリーによく入っています😍

ピエール・カミュ フルート作品

Chanson et Badinerie(シャンソンとバディヌリ)

パリ音楽院教授を務めたエネバンに捧げられた曲で、パリ音楽院の卒業試験の曲として作曲されたと考えられています😊

では、聞いてみましょう♫

リンク:シャンソンとバディヌリ

ジャック・イベール

ジャック・フランソワ・アントワーヌ・イベール(Jacques François Antoine Ibert, 1890年8月15日 – 1962年2月5日)は、フランスの作曲家です😎

イベールは、パリで生まれ、パリ音楽院卒業後、カンタータ『詩人と妖精』にてローマ大賞(フランスの作曲家にとって最大の登竜門)を受賞しています🤩

イベール フルート作品

PIECE(小品)

1936年に作曲されたPIECE(小品)です😎

綺麗で切ない旋律が印象的な曲で、無伴奏のためのフルート曲になります😆

では、聞いてみましょう♫

リンク:PIECE(小品)

Concerto pour flûte et orchestre(フルート協奏曲)

イベールの代表作の1つでフルートと管弦楽のための協奏曲、「フルート協奏曲」です😎

この協奏曲はマルセル・モイーズに献呈され、1934年2月、マルセル・モイーズのフルート、フィリップ・ゴーベールの指揮、パリ音楽院管弦楽団によって初演されました😊

(構成)

第1楽章 Allegro

第2楽章 Andante

第3楽章 Allegro scherzando

では、聞いてみましょう♫

リンク:フルート協奏曲

なお、おすすめなフルート協奏曲を紹介した記事もありますので、協奏曲に興味がある方は以下の記事もご覧ください👍

Entr’acte(間奏曲)

フルートとギターのための曲、Entr’acte(間奏曲)です😎

軽快なギター伴奏とキレキレのメロディが折り合わさった曲で、個人的に大好きな曲です😆

では、聞いてみましょう♫

リンク:間奏曲

フランク・マルタン

フランク・マルタンFrank Martin、1890年9月15日 – 1974年11月21日)は、スイス出身の作曲家です😎

スイスのジュネーヴで生まれ、ジュネーヴ大学で作曲とピアノをヨーゼフ・ラウバーに師事しました😆

その後、ジュネーヴ室内楽協会を設立、ジャック=ダルクローズ研究所やジュネーヴ音楽院で指導しました🤩

マルタン フルート作品

Ballade(バラード)

1939年の第1回ジュネーヴ国際音楽コンクール・フルート部門の課題曲として作曲された、Ballade(バラード)です😎

マルタンは、独奏楽器のためにバラードを5曲残しており、そのうちのフルートのための曲です😍

では、聞いてみましょう♫

リンク:バラード

ボフスラフ・マルティヌー

ボフスラフ・マルティヌーBohuslav Martinů、1890年12月8日 – 1959年8月28日)は、チェコ出身の作曲家です😆

チェコで生まれた後、パリ、アメリカを経て再びヨーロッパと、様々な土地で活動し、400もの作品を残しています😊

マルティヌー フルート作品

First Sonata(ファースト ソナタ)

音大生のレパートリーの一つ、First Sonata(ファースト ソナタ)です🤩

1945年、マルティヌーがアメリカに滞在している時に書かれた曲です😆

では、聞いてみましょう♫

リンク:ファースト ソナタ

セルゲイ・プロコフィエフ

セルゲイ・セルゲーエヴィチ・プロコフィエフ(1891年4月27日 – 1953年3月5日)は、ロシアの作曲家、ピアニストです😘

13歳でサンクトペテルブルク音楽院にて作曲・ピアノを学び、1917年以後は、アメリカ、ドイツ、パリへと活動拠点を移していきました😊

1936年に母国(当時のソビエト)に戻り、『キージェ中尉』、『ピーターと狼』、『ロメオとジュリエット』、『アレクサンドル・ネフスキー』などの作品で成功を収めています😄

プロコフィエフ フルート作品

Flute Sonata, op. 94(フルートソナタ)

ヴァイオリンソナタへの編曲でも有名な曲、Flute Sonata, op. 94(フルートソナタ)です🤩

1943年、第二次世界大戦中に、ソビエトの疎開先で作った曲で、モスクワで初演されましたが、当時はあまり評判が得られませんでした😅

その後、名ヴァイオリニスト、ダヴィッド・オイストラフにヴァイオリンソナタへの編曲を依頼され、「ヴァイオリンソナタ 第2番」として完成されました😊

このヴァイオリンソナタをもとに改変されたのが、今のフルートソナタというわけです😘

では、聞いてみましょう♫

リンク:フルートソナタ

アルテュール・オネゲル

アルテュール・オネゲル(1892年3月10日 – 1955年11月27日)は、フランスで活躍した作曲家です😎

スイス人の両親の元でルアーブルに生まれ、1911年にパリ音楽院に入学しました🤩

第一次世界大戦後、パリに戻り、音楽活動を再開しました😆

オネゲルはフランス6人組(20世紀前半にフランスで活躍した作曲家)としても有名です😆

(フランス6人組)

  • ルイ・デュレ(Louis Durey)
  • アルテュール・オネゲル(Arthur Honegger)
  • ダリウス・ミヨー(Darius Milhaud)
  • ジェルメーヌ・タイユフェール (Germaine Tailleferre)
  • フランシス・プーランク(Francis Poulenc)
  • ジョルジュ・オーリック(George Auric)

オネゲル フルート作品

Danse de la chèvre(牝山羊の踊り)

無伴奏フルートの重要レパートリーの1つ、Danse de la chèvre(牝山羊の踊り)です😍

1919年、バレリーナのリサイタルのために作曲され、初演を担当したフルート奏者のルネ・ル・ロワに献呈されました😄

では、聞いてみましょう♫

リンク:牝山羊の踊り

Romance(ロマンス)

1953年に発表されたフルートとピアノのための曲、Romance(ロマンス)です😎

2分半ほどの短い曲ですが、綺麗なメロディが特徴的な名曲です😃

では、聞いてみましょう♫

リンク:ロマンス

ダリウス・ミヨー

ダリウス・ミヨー(1892年9月4日 – 1974年6月22日)は、フランス人の作曲家です😎

南フランス、プロヴァンス地方のエクス=アン=プロヴァンスに生まれ、ヴァイオリンを学ぶためパリ音楽院で勉強しました😃その後、作曲も勉強し、様々な音楽活動をしました😚

オネゲルと同様にフランス6人組の1人で、、ジャズ、軽音楽、南米の民俗音楽も取り入れ、多様なスタイルの曲を400曲以上残しました😄

ミヨー フルート作品

Sonatine (ソナチネ)

ちょっとジャジーなテイストも漂う名曲、Sonatine (ソナチネ)です😎

1922年にフルーティストのルイ・フルーリーとピアニストのジャン・ヴィーナーに捧げられた曲です😆

この頃のミヨーはジャズを研究しており、そのニュアンスが入った作品となっています🤩

では、聞いてみましょう♫

リンク:ソナチネ

エルネスト・ケーラー

エルネスト・ケーラー(1849年-1907年)はイタリアのフルート奏者で作曲家です😊

イタリアのモデナで生まれ、フルートはフルート奏者である父に教えられました🤩

1871年には、オペラのオーケストラに入団しています😍

100以上の作品を残しており、特にエチュードが有名ですね😆

ケーラー フルート作品

VALSE DES FLEURS(花のワルツ)

フルート2本とピアノのための作品、VALSE DES FLEURS(花のワルツ)です😎

ケーラーは、気まぐれなワルツ、バラのワルツ、スペインのワルツ、小さなワルツなど、様々なワルツを作曲しています😆

その中でも有名なワルツがこの「花のワルツ」で、華やかで軽快なメロディが印象的な曲です😘

では、聞いてみましょう♫

リンク:花のワルツ

パウル・ヒンデミット

パウル・ヒンデミット (Paul Hindemith、1895年11月16日 – 1963年12月28日)は、ドイツ出身の作曲家、指揮者、ヴィオラ奏者です😎

ドイツのハーナウに生まれ、父の影響で音楽を始めました😊

フランクフルトのホッホ音楽院に入学し、ヴァイオリンと作曲を学びました😄

1913年から劇場の管弦楽団のヴァイオリン奏者として活動を始め、作曲家として多くの作品も残しました😚

ヒンデミット フルート作品

Sonate(フルート・ソナタ)

1936年に作曲されたSonate(フルート・ソナタ)です😎

この頃のヒンデミットは、オーケストラの各楽器のためのソナタを作曲しており、その1つがフルート・ソナタというわけです😘

では、聞いてみましょう♫

リンク:フルート・ソナタ

8 STUCKE(無伴奏フルートのための8つの小品)

無伴奏のフルートのための曲、8 STUCKE(無伴奏フルートのための8つの小品)です😎

何とも神秘的なメロディで始まるこの曲も無伴奏のレパートリーとしてよく演奏されます😄

では、聞いてみましょう♫

リンク:無伴奏フルートのための8つの小品

ピエール=オクターヴ・フェルー

ピエール=オクターヴ・フェルー(Pierre-Octave Ferroud, 1900年1月6日 – 1936年8月17日)はフランスの作曲家です😎

フェルーはリヨン大学で自然科学を専攻していましたが、エドゥアール・コメットと出会い音楽の道に目覚めます😘

兵役中にガイ・ロパルツの下で作曲を学び、兵役後音楽院にて学び、音楽活動を始めました😍

1923年にパリに移り住み、現代作曲家の運動に取り組む音楽家集団「トリトン」の制作に参加、音楽評論家としても活動していました😁

フェルーのフルート作品

3 Pieces(3つの小品)

1921年、兵役中に書き始め、兵役後リヨンで完成した無伴奏とフルートのための曲、3 Pieces(3つの小品)です😎

1. 恋する羊飼い、2. 硬玉、3. 端陽の3部構成で、硬玉はヒスイ輝石を主要な構成鉱物とする岩石、端陽とは中国の行事のことのようです😄

その名の通り、中国音楽を感じさせる曲に仕上がっています😄

では、聞いてみましょう♫

リンク:3つの小品

まとめ

さて、本記事をまとめますと・・・

・ジョルジェ・エネスク:カンタービレとプレスト

・アルフレード・カゼッラ:バルカローラとスケルツォ、シシリエンヌとビュルレスク

・エドガー・ヴァレーズ:密度21.5

・チャールズ・トムリンソン・グリフス:詩曲

・ピエール・カミュ:シャンソンとバディヌリ

・ジャック・イベール:小品、フルート協奏曲、間奏曲

・フランク・マルタン:バラード

・ボフスラフ・マルティヌー:ファースト ソナタ

・セルゲイ・プロコフィエフ:フルートソナタ

・アルテュール・オネゲル:牝山羊の踊り、ロマンス

・ダリウス・ミヨー:ソナチネ

・エルネスト・ケーラー:花のワルツ

・パウル・ヒンデミット:フルート・ソナタ、8つの小品

・ピエール=オクターヴ・フェルー:3つの小品

最後までご覧いただき有難うございました😎

なお、以下のnoteではフルートのおすすめ曲について紹介した記事を投稿しています😆

フルートの有名な曲の紹介、クラシック、ジャズ、ボサノヴァの曲の紹介、楽譜の探し方について、全18,500字に及ぶボリュームとなっています😍

このnoteを読めば、フルートの有名な曲を一通り理解することができるので、興味がある方はぜひこちらもご覧になってみてください👍

楽器を売りたい方へ

使わなくなった楽器や古い楽器の整理をしたいけど、廃棄するのがもったいなかったりしますよね😅

そんな時は、出張買取が便利ですよ😆

出張買取は、業者が自宅まで赴き楽器の査定してくれます😁

そして、気に入った金額ならばその場で支払いをし、楽器を引き取ってくれるのです😆

しかも、買取が不可能でも楽器を引き取り廃棄してくれる業者もあります😆

私がおすすめなのは楽器の買取屋さんで、出張費、査定費が無料で、当日支払いも可能なのです😁

電話での応対も丁寧ですので、もし不必要な楽器の処分に困っていたら、電話で相談してみましょう👍

また、以下の記事では楽器買取について詳しく紹介していますので、興味がある方は以下の記事もご覧になってみてください👍

Visited 127 times, 1 visit(s) today