当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

※この記事には広告・PRが含まれています。

【フルート特殊管】アルトフルートやバスフルートの値段、ケース、メーカー、レンタル情報など♫

2023年10月1日

どーも、Irassaiです😎

アルトフルートやバスフルートって知ってますか??

アンサンブルなどで低音を演奏する時に使われる特殊管ですが、なかなかお目にかからないのと思います😁

ということで、今回は、初心者向けに、アルトフルート、バスフルートやコントラバスフルートについてご紹介していきたいと思います🤩

特徴、商品ラインナップ、値段、音色など、まとめてみました😊

では、行ってみよう♫

Irassai

この記事はこんな方におすすめじゃ

ポイント

・フルートの特殊管について興味がある方

・特殊管の値段について知りたい方

ちなみに、楽譜を自動で伴奏してくれるアプリがあることはご存知でしょうか??

Metronautは、自分の好みな曲を選択すると楽譜が表示され、さらに伴奏音源を流しながら自分の楽器を練習することができるアプリです😆

例えば、自分の好きな曲を選択し、ピアノ伴奏を流しながらフルートを演奏することができます😍

また、フルートをオンにすれば、お手本演奏として音源を聴くこともできます😍

今なら、1週間無料トライヤルを実施していますので、試しに使用してみてはいかがでしょうか👍

*リンク先は英語表記ですが、ダウンロード後は日本語表記になりますのでご安心ください。

また、以下の記事ではMetronautを始めとした自動伴奏アプリやそれらの使い方について紹介していますので、こちらもぜひご覧になってみてください👍

アルトフルート

アルトフルートとは

アルトフルートはコンサートフルートより4度低いG調の移調楽器です😎具体的には、ソから4オクターブ上のドの音域まで演奏されます😁

長さは900mmとフルートより1.5倍長く、重量もフルートの約2倍と重めになっています😁

材質はフルートと同じように洋銀や総銀、金など同様のもので使われていることがほとんどですが、その中でも洋銀や総銀を使われることが多いです😘

なお、洋銀や総銀などの素材に関する詳しい話は以下の記事をご覧ください🤩

運指はフルートと類似していますが、頭部管はストレートとU字型の2種類があります👍

ストレート
引用:アルタス
U字型
引用:アルタス

アルトフルートの商品ラインナップ

アルトフルートの商品ラインナップ 1
アルトフルートの商品ラインナップ 2

*2023/3現在の情報を記載しています。

アルトフルートの種類は、アルタス>三響>ミヤザワ=パール>ヤマハ=ムラマツの順に豊富でした😎

総銀製のアルトフルートを揃えているのは、ムラマツ、ミヤザワ、三響でした😁

最も値段が高いのはムラマツのALTO FLUTEの1,210,000円、最も安いのはパールのアルトフルート PFA-201ESの341,000円でした🤩

アルトフルートのレンタル

アルトフルートはレンタルも可能です😙

アンサンブルや合奏でたまに利用したい人はレンタルおすすめです😎

音レント

ヤマハのサービスです😆

1ヶ月4000円〜20000円くらいでレンタルできます😙期間は場合によりますが、最低4ヶ月くらいは借りられます😊

デメリットとしては、ヤマハのフルートのみ、場合によってはアルトフルートがラインナップにない、という点が挙げられます😅

リンク:音レント

島村楽器

島村楽器のサービスです👍

パールのフルートがお得な価格で借りられます🤩

アルトフルートは、1ヶ月で10,450円、最長36ヶ月借りられます👍

デメリットは、島村楽器の音楽教室やサロンに通っている生徒しか借りられない点です😅

リンク:島村楽器 楽器レンタル

管楽器レンタル

管楽器レンタルサービスを専門にした会社です😎

アルトフルートは、Jマイケル FLA-1500を月額8,980円で借りられます😘

リンク:楽器レンタル

アルトフルート用スタンド

HERCULES DS562BB アルトフルートスタンド

商品名:HERCULES DS562BB アルトフルートスタンド

価格:3,240円

折畳外形:315 x 100mm

重量:0.68Kg

ハーキュラス製のアルトフルート用スタンドです😎

シンプルなデザインで使いやすいです👍

別売りの管楽器用ペグアダプターを装着させると、ピッコロ、フルート、クラリネットも立てられるようになります👍

Aida アイダ / 9117AFR(アルトフルート スタンド )

商品名:Aida アイダ / 9117AFR(アルトフルート スタンド )

価格:6,765円

Pearl Flute ( パールフルート ) PFSA-10 アルトフルートスタンド

商品名:Pearl Flute ( パールフルート ) PFSA-10 アルトフルートスタンド

価格:3,160円

パールのアルト用スタンド😎

木製組み立て式ということで、軽量化されており、持ち運びに便利です😆

アルトフルートの音色

実際、どのような音色なのでしょうか??

アルトフルートの紹介をしつつ、音色を聞かせてくれる動画を2つほど見つけましたので、聞いてみましょう♫

リンク1:大塚ゆき

リンク2:Kaho Iwasaki

大塚さんは、自身のアルトフルートについての紹介、重さや、G管であることについて解説してくれています👍

岩崎さんは、音色をとるなら頭部管はストレート、よく練習するとか女性であるならU字管を薦めています😆

バスフルート

バスフルートとは

引用:パール楽器製造株式会社HP

バスフルートは、コンサートフルート(一般的なフルートのこと)の1オクターブ低い音域が出るフルートで、全長:約130cm、重さ:約1.2Kgと大型のフルートになります😘

その長さゆえ、U字管タイプのものが主流になっています😆

また、重さもあるので、支持棒を用いたりもします😁

歴史的には、ルネサンス時代(12〜13世紀)に同族楽器がアンサンブルに用いられていたようです👍

なお、コンサートフルートに関しては以下の記事で概要を紹介していますので、こちらもご覧ください😆

バスフルート 商品ラインナップ・価格

バスフルート 商品ラインナップ・価格

*参考情報:ヤマハパールジュピターアルタスサンキョウコタトHP

*2023/3現在の情報を記載しています。

国内でバスフルートを扱っているのは、パール、ヤマハ、アルタス、サンキョウ、コタトです😎

リーズナブルな価格なのは、パール、ジュピターの50万〜60万円でした🤩

総銀製で高価格であったのはサンキョウの137万円でした😆

バスフルート スタンド

バスフルートは重いのでスタンドを持っていると便利です😎有名な商品をいくつか紹介します👍

バスフルート サポートバー

上述した支持棒です😎バスフルートは重いので、こちらも持っていると便利です👍

バスフルートの音色

では、実際にバスフルートの音色を聞いてみましょう♫

① 要田詩織さん

リンク:Shiori-Flute-Channel

要田さんのYoutubeチャンネルでもののけ姫を演奏してくれています😍

バスフルートの低音が見事にマッチしていますね👍

② 岩崎花保さん

リンク:Kaho Iwasaki

岩崎さんはパールのバスフルートをレビューしてくれています😍

指示棒についてもレクチャーしてくれていますので、是非ご覧ください🤩

コントラバスフルート

コントラバスフルートとは

引用:Kotato & Fukushima Official Website

全長が約180cm、菅自体の長さは280cm、重さが約4kgと大型フルートです😎

用途としては、主にオーケストラなどで使われます😆

音域は、コンサートフルートの2オクターブ下の領域で、C管楽器です😚

私は一度試奏したことがありますが、コンサートフルートと勝手が違い、音を出すのが難しかったです😅

コントラバスフルート 商品ラインナップ・価格

コントラバスフルート 商品ラインナップ・価格

*参考情報:ジュピタードルチェ楽器HP

*2023/3現在の情報を記載しています。

流石に用途が限られているので、販売されているメーカーも少ないです😘

そして、お値段もお高いですね😅現実的にはレンタルするというのがいいかもしれません👍

コントラバスフルートの音色

では、こちらの音色も聞いてみましょう♫

① 立花雅和さん

リンク:Masakazu Tachibana Flutist

フルート奏者の立花さんがコタトのコントラバスフルートを紹介してくれています😘

コンサートフルートに比べ、いかに大きく、低音であることがわかると思います😍

② マグナムトリオ

リンク:Yuya KANDA Flute

こちらは、マグナムトリオの三人が、フルート、バスフルート、コントラバスフルートで3重奏してくれています😍フルートが2つの低音楽器により、より引き立っていますね🤩

番外編:ダブルコントラバスフルート

引用:Kotato & Fukushima Official Website

なんと、コントラバスフルートよりもさらに大きいフルートがあります😚

その名も、ダブルコントラバスフルートでございます👍

長さが500cm、重さが12kgと、怪物級です😅

音域はコンサートフルートの3オクターブ下で、フルートの中で最も低音が奏でられる楽器です👍

古田土フルート工房による受注生産でしか入手できず、参考価格が300万円ほどです😅

ちなみに、こちらもマグナムトリオの三人が楽しく紹介してくれている動画がありますので、ご覧ください😁

リンク:https://www.youtube.com/watch?v=X1nE0ulbEw8

まとめ

さて、本記事をまとめますと・・・・

・アルトフルートはコンサートフルートより4度低いG調の移調楽器

・アルトフルートの種類は、アルタス>三響>ミヤザワ=パール>ヤマハ=ムラマツの順に豊富

・バスフルートは、コンサートフルートの1オクターブ低い音域が出るフルートで、全長:約130cm、重さ:約1.2Kg。

・コントラバスフルートは、コンサートフルートの2オクターブ低い音域が出るフルートで、全長:約180cm、重さ:約4kg

最後までご覧いただき有難うございました😎

楽器を売りたい方へ

使わなくなった楽器や古い楽器の整理をしたいけど、廃棄するのがもったいなかったりしますよね😅

そんな時は、出張買取が便利ですよ😆

出張買取は、業者が自宅まで赴き楽器の査定してくれます😁

そして、気に入った金額ならばその場で支払いをし、楽器を引き取ってくれるのです😆

しかも、買取が不可能でも楽器を引き取り廃棄してくれる業者もあります😆

私がおすすめなのは楽器の買取屋さんで、出張費、査定費が無料で、当日支払いも可能なのです😁

電話での応対も丁寧ですので、もし不必要な楽器の処分に困っていたら、電話で相談してみましょう👍

また、以下の記事では楽器買取について詳しく紹介していますので、興味がある方は以下の記事もご覧になってみてください👍

Visited 379 times, 1 visit(s) today