当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

※この記事には広告・PRが含まれています。

【70歳から始めるおすすめ楽器8選】リコーダーはいかがでしょうか?

2023年10月20日

執筆者紹介

執筆者紹介

当ブログでは、フルートを中心とした音楽情報に関するブログ記事を投稿しています😁

私の細かいプロフィールはこちらです😁

どーも、Irassaiです😎

いざ、70歳から楽器を始めてみようと思っても、どんな楽器を選べば良いのか悩みますよね😅

基本的には、自分の好きな楽器を選ばれるのが良いですが、楽器によって体への負担が大きかったり、練習しづらかったりすることがあります😅

ということで、今回は70歳から楽器を始めようと思っている方向けにおすすめな楽器、楽器の始め方、練習場所などについてご紹介していきたいと思います😘

ちなみに、楽譜を自動で伴奏や演奏をしてくれるアプリをご存知ですか??

楽譜を自動で伴奏してくれるアプリがあることはご存知でしょうか??

Metronautは、自分の好みな曲を選択すると楽譜が表示され、さらに伴奏音源を流しながら自分の楽器を練習することができるアプリです😆

例えば、自分の好きな曲を選択し、ピアノ伴奏を流しながらフルートを演奏することができます😍

また、フルートをオンにすれば、お手本演奏として音源を聴くこともできます😍

今なら、1週間無料トライヤルを実施していますので、試しに使用してみてはいかがでしょうか👍

*リンク先は英語表記ですが、ダウンロード後は日本語表記になりますのでご安心ください。

また、以下の記事ではMetronautを始めとした自動伴奏アプリやそれらの使い方について紹介していますので、こちらもぜひご覧になってみてください👍

おすすめ楽器ベスト3

この章では、70歳の方におすすめな楽器のベスト3を紹介します😎

私の経験談を元にご紹介していますので、どの楽器にすべきか悩まれている方は参考にしてみてください😁

第1位:リコーダー

おすすめポイント

・演奏しやすい

・体への負担が軽い

・持ち運びやすい

・音色が優しい

・同世代が多い

・低価格

第1位はリコーダーです😎

リコーダーは演奏しやすく体への負担が軽いことが最もおすすめする理由となります😎

例えば、私のフルート教室の知り合いにリコーダーも演奏する方がいらっしゃいます😘

その方は60〜70歳くらいの方で、筋力が年々低下しているため重い楽器は難しいと言っています😆

その点、リコーダーは軽いし息の量も少なく済むので、演奏しやすくて気に入っているとおっしゃっていました😍

体への負担が軽く、手軽に楽器を始めたい方におすすめな楽器となります👍

なお、リコーダーについては後半でも詳しく紹介していますので、こちらのリンクからご覧になってみてください😘

第2位:デジタル管楽器

引用:楽天市場
おすすめポイント

・演奏しやすい

・自宅で練習できる

・体への負担が軽い

第2位はデジタル管楽器になります🤩

上図にある楽器で、エレクトーンを管楽器版にした製品だと思って頂ければいいと思います😎

この楽器をおすすめするのは、操作が簡単で音が出しやすいのと、ヘッドホンをつけることで周囲に音が漏れなくなりますので、自宅でも練習が可能であるという点です😘

私の知り合いでサックスとフルートをされていた方が、最近デジタル管楽器を始められました😆

彼女は、手が固くなってきてフルートが吹けなくなってきたのと、サックスが音量が大きすぎて自宅で練習できなくて困っていらしたようです😅

そこで、デジタル管楽器に目をつけ、トライしたところ自宅で練習しやすく、指への負担が少なくなり、今ではすっかりデジタル管楽器にハマっているそうなのです😆

デジタルなゆえに、最初は操作に戸惑うと思いますが、慣れてしまえば大丈夫です😆

しかも、最近ではデジタル管楽器を教えてくれる音楽教室も開講されているので、習いにいくこともできますよ👍

なお、デジタル管楽器については以下の記事や本記事の後半でもで詳しく紹介していますので、これらもぜひご覧ください😉

第3位:ピアノ

おすすめポイント

・一人で楽しめる

・他の楽器やボーカルともアンサンブルができる

・両手を使うため、ボケ防止になる

・鍵盤を叩けば音が鳴るため、音を出しやすい

第3位はピアノです😎

ピアノを最もおすすめする理由は、幅広く楽しむことができる点です😘

一人での演奏、複数人での演奏、ソロ、弾き語り、クラシック〜ポップスなど、様々なこちらのリクエストに答えてくれます😁

なお、欠点としては、両手を駆使して演奏するため難易度が高いことが挙げられます😁

本格的に音楽を楽しみたい方におすすめな楽器となります👍

楽器の始め方

<楽器の始め方>

・音楽教室に通う

・オンラインスクールに通う

・自宅に講師を呼ぶ

・独学で始める

・知人に教えてもらう

楽器を初めて始める場合、上記の5つの方法が考えられます😎

一つ一つ見ていきましょう😁

音楽教室に通う

メリットデメリット
効率良く学べる費用がかかる
変な癖がつかない通うのが手間
友人ができる時間を調整しなければならない
音楽教室のメリットとデメリット

音楽教室に通う場合のメリットとデメリットを上述しました😎

音楽教室に通う場合、楽器演奏を上達させるには1番効率が良い方法となりますが、その分費用などがかかります😅

費用がある程度ある方におすすめな方法となります😆

なお、おすすめな音楽教室については以下の記事で詳しく紹介していますので、こちらもぜひご覧ください👍

オンラインスクールに通う

メリットデメリット
授業料が安め対面に比べて教えてもらいづらい
通う手間が省ける通信障害が起こる可能性がある
効率良く上達できるオンラインをセットするのが面倒
オンラインスクールのメリットとデメリット

オンラインスクールに通う場合のメリットとデメリットを上述しました😎

音楽教室に比べて、授業料が安く通う手間が省けることがメリットになります😍

一方、対面に比べて教えてもらいづらいことが難点になります😅

なお、オンラインスクールについては以下の記事がおすすめになります👍

自宅に講師を呼ぶ

メリットデメリット
通う手間が省ける費用がかかる
効率良く上達できる自宅を整理整頓する手間がある
変な癖がつかない良い講師か判別しなければならない
自宅に講師を呼ぶメリットとデメリット

最近は、自宅やスタジオに講師を呼べる制度をとっている音楽教室が増えています😎

通う手間が省けることが最大のメリットですが、費用がかかることと、変な講師でないか事前にしっかり調べなければならない点が欠点となります😅

なお、自宅に講師を呼ぶのにおすすめな出張レッスンできる教室についての紹介記事もありますので、こちらもぜひご覧ください😁

独学で始める

メリットデメリット
費用がかからない変な癖がつく可能性がある
自分のペースでできる上達しづらい
怒られたりしない友人はできづらい
独学で始めるメリットとデメリット

独学で始める場合、費用がかからずマイペースに演奏できるのが利点になりますが、レッスンを受ける場合と比較して上達しづらいことや友人ができづらい点がマイナスとなります😅

自分で調べてコツコツ練習できる方におすすめな方法となります😁

なお、最近はYoutubeなどの動画でレッスンを投稿してくれている音楽家の方々がたくさんいますので、昔よりかは独学しやすい環境になっています👍

知人に教えてもらう

メリットデメリット
費用がかからない知人がいないと無理
効率良く上達できる知人以上には上達できない
変な癖がつかない知人に多少は迷惑をかけてしまう
知人に教えてもらうメリットとデメリット

知人に押してもらう場合は、費用がかからないことがメリットになります😍

しかし、そもそも知人がいなければできませんし、多少迷惑をかけてしまう可能性があることがデメリットになります😅

楽器の練習場所

<楽器の練習場所>

・スタジオ

・レンタルルーム

・公共施設の音楽室

・音楽教室

・カラオケ

・自宅

楽器の練習ができる場所は、主に上述した6つになります😆

意外と思いつかないのは、公共施設と音楽教室です😀

市民会館などの公共施設には音楽室やスタジオがあることがあり、値段が安い点がおすすめになります😆

また、音楽教室では、レッスンの時間帯にレッスン室を開放してくれたりするので、ここも狙い目です😘

本ブログには、東京、大阪など、様々な地域における練習場所について紹介していますので、こちらもぜひご覧になってみてください👍

練習場所に関する記事のリンク

70歳という年齢について

70代で楽器を始める方は意外と多い

実は、音楽教室に通っていると60代や70代の方を多く見かけます😆

この理由を聞いていると、「定年になって時間が取れるようになったから」、「子育てが一段楽したから」など、「趣味に時間を使うことができるようになった」というのが大きいようでした😍

60代や70代というのは、楽器を始める1つの転機になっているようですね👍

70代の身体能力

70代になると、かなり身体能力が落ちていると思います😅

従って、なるべく体に負担のかからない楽器を選ぶのが良いでしょう😘

70歳の方の楽器の選び方と注意点

<70歳の方の楽器の選び方と注意点>

・体に負担のかからない楽器を選ぶ

・好きな楽器を選ぶ

・練習場所が確保できるか確認する

・その楽器を演奏する人々の層も確認する

楽器を選ぶ際には自分の好きな楽器を買ってしまいがちですが、いくつか注意点がありますので1つ1つ確認していきましょう😆

体に負担のかからない楽器を選ぶ

実は、楽器演奏は楽器の重さだけでなく、演奏する時の姿勢が体へ負担をかけることが多いです😅

例えば、フルートの場合、首を横に傾けて肩を張る姿勢になるため、首や肩が凝りやすいです😅

また、立って演奏することが多いため、以前腰を痛めてしまったこともあります😅

このように楽器の重さだけでなく演奏する時の姿勢が体へ負荷をかけるので、楽器を選ぶ前にその楽器の姿勢が自分の体に重く負担をかけないかチェックしておきましょう😁

好きな楽器を選ぶ

体への負担が軽い楽器を選んだら、次に自分の好きな楽器を選びます😎

これは自分の感覚で良いので、見た目がかっこいい、音が綺麗、こんな演奏がしてみたいなど、自分の好みに合わせて楽器を選ぶのが1番です😘

練習場所が確保できるか確認する

意外と難しいのが楽器を練習する場所の確保です😅

楽器によって練習しやすい場所としにくい場所がありますので、楽器を選ぶ前にその楽器の練習場所を確保できるかチェックする必要があります😆

例えば、フルートは音が小さい楽器であるため、カラオケでの練習は基本的に許してもらえます😁

しかし、サックスは音量が大きいため、カラオケでの練習を断られたりするケースもあります😅

このように、楽器によってどこで練習できるのかが変わりますので、事前にチェックしておくことをおすすめします👍

その楽器を演奏する人々の層も確認する

こちらは気になる方はチェックしておいた方が良いというものです😎

実は、楽器によってそれを演奏する方々の年齢層や性別が変わってきます😁

例えば、音楽教室でのフルートは女性が多く、20代〜30代、50代以上の方が多いです😁

一方、ギターリストは、男性が多い印象です😁

このように、楽器によって層が異なりますので、気になる方は事前にチェックしておいた方が良いでしょう👍

実際に70歳でやっている方の楽器

<実際に70歳でやっている方の楽器>

・リコーダー

・フルート

・サックス

・ピアノ

・デジタル管楽器

・ギター

私の周りにいる70歳の方々で、実際に演奏している楽器をご紹介しますと、上記の6つになります😆

それぞれの楽器を選ばれている理由は様々ですが、やはり自分が好きな楽器だからという理由で選ばれている方が多かったです👍

70歳から始めるおすすめ楽器8選

この章では、70歳から始めるおすすめ楽器についてご紹介していきます😎

私が経験がある楽器や馴染みのある楽器について、メリットやデメリットも含めて紹介していますので、自分に合った楽器を探してみるのに役立ててみてください👍

カホン

メリットデメリット
座りながら演奏できるやや重い
演奏しやすい持ち運びにくい
一人で楽しみづらい
カホンのメリットとデメリット

カホンとは、上図のような打楽器で座りながら手軽に叩けるのが特徴です🤩

70歳の方に対するメリットは、座りながら演奏できる、演奏しやすいなどが挙げられます😍

一方、やや重い、持ち運びにくい、一人で楽しみづらいなどがデメリットになってきます😅

カホンのメリット

カホンは座りながら演奏できるため、体への負担が少なく済みます😀

また、叩くだけで音が鳴りますので、演奏しやすい点もメリットになります😁

カホンのデメリット

カホンの重量は5kg前後(製品による)ため、それなりに重量があり運びにくいです😅

また、一人で楽しむことも可能ですが、基本的にはアンサンブルやバンドなどで他の方たちと共に楽しむのがメインになります😁

そのため、アンサンブルやバンドを組む予定がない方には楽しみづらい楽器になります😅

ギター

メリットデメリット
独学しやすい指を細かく動かす必要がある
一人で楽しめるコードを押さえるまでが大変
バンドやアンサンブルもできる指が痛くなる
ギターのメリットとデメリット

ギターは色々な種類があり、大きく分けると、エレキギター、アコースティックギター、クラシックギターがあります🤩

特徴としては、ソロ演奏ができる、伴奏ができる、弾き語りができる、アンプを用いて大音量で演奏できるなどが挙げられます😊

70歳の方に対するメリットは、独学しやすい、一人で楽しめる、バンドやアンサンブルもできるなどが挙げられます😘

一方、指を細かく動かす必要がある、コードを押さえるまでが大変、指が痛くなるなどがデメリットになってきます😅

ギターのメリット

ギターは他の楽器に比べて独学しやすい楽器の一つです😁

特に最近はYoutubeなどの動画コンテンツが充実しているため、独学しやすくなっています😁

また、一人で楽しめることもおすすめポイントです😍

例えば、ソロギターや弾き語りは一人でできますので、楽器ひとつで家で楽しむことが出来ます👍

ギターは他の楽器やボーカルの伴奏をすることが出来ますので、バンドやアンサンブルでも楽しめます😁

ギターのデメリット

コードを弾くだけでしたら指を細かく動かす必要はありませんが、アルペジオやソロギターを指弾きする場合は、指の細かい動きが必要になります😅

従って、指を細かく動かすのが大変な方は指弾きはやめておいた方が良いでしょう😘

ギターの基本はコードを押さえることですが、最初の頃は抑えるのに苦労します😅

従って、コードを押さえられるようになるかどうかが最初のポイントになります😁

ギターは左手で弦を押さえるため、慣れないうちは指が痛くなります😅

デジタル管楽器

引用:楽天市場
メリットデメリット
自宅で練習できるやや不具合が生じやすい
演奏しやすい機械である
軽い吹奏感が低い
デジタル管楽器のメリットとデメリット

デジタル管楽器とは、管楽器版のエレクトーンのような楽器のことで、ブレスやタンギングなど息づかいを用いて電子音源を操作する楽器のことです🤩

特徴としては、アンプに繋いで音を出せる、様々な楽器の音が出せる、ヘッドフォンに繋げるなどが挙げられます😍

70歳の方に対するメリットとしては、自宅で練習できる、演奏しやすい、軽いなどが挙げられます😆

一方、やや不具合が生じやすい、機械である、吹奏感が低いなどがデメリットになってきます😅

デジタル管楽器のメリット

デジタル管楽器はヘッドホンを接続できるため、音漏れを気にせず練習することが出来ます😁

従って、時間を気にせず自宅など練習できるのです😆

また、ボタンを押せば音が鳴るため、管楽器に比べて演奏しやすいです😍

デジタル管楽器は600g前後(製品による)であるため、軽くて持ち運びやすいのもメリットになります😁

デジタル管楽器のデメリット

機械であるため、やや不具合が生じやすいという欠点があります😅

そのため、他の楽器に比べて物持ちはしないです😅

また、電子音であるため吹奏感は低くなってしまいます😅

バイオリン

メリットデメリット
持ち運びやすい種々の費用がかかる
軽い独学が難しい
花形首を痛めがち
バイオリンのメリットとデメリット

バイオリンの特徴としては、木製の楽器、弦楽器である、C調の楽器(ピアノと同じ)などが挙げられます😊

70歳の方に対するメリットとしては、軽くて持ち運びやすい、アンサンブルやオーケストラでは花形であるということが挙げられます😁

一方、種々の費用がかかる、独学が難しい、首を痛めがちなどがデメリットとなります😅

バイオリンのメリット

バイオリンの重さは300g〜600gくらいですので、は他の弦楽器などに比べると軽くて持ち運びやすいです😆

また、オーケストラなどでは花形になりますので、メインパートを演奏する機会が多くなります😁

バイオリンのデメリット

バイオリンは楽器本体も費用がかかることながら、弦や弓の毛替えなどを定期的に交換する必要があるため、種々の費用が発生します😅

また、ギターのフレットがなく、ドレミファソラシドを音感で当てていくため、独学でやるには非常に難易度が高いです😅

また、首にバイオリンを当てて斜めに構えるため、首を痛めがちな楽器でもあります😅

ピアノ

メリットデメリット
座って演奏できる指を細かく動かす必要がある
一人で楽しめる譜読みが大変
独学しやすい両手を駆使する必要がある
ピアノのメリットとデメリット

ピアノの特徴としては、ソロ演奏ができる、伴奏ができる、弾き語りができる、鍵盤であるなどが挙げられます😎

70歳の方に対するメリットとしては、座って演奏できる、一人で楽しめる、独学しやすいなどが挙げられます😍

一方、指を細かく動かす必要がある、譜読みが大変、両手を駆使する必要があるなどがデメリットになります😅

ピアノのメリット

ピアノは座って演奏することができるため、体力的な負担が低いです😆

また、弾き語りやソロなどは一人で楽しむことができます😁

独学しやすいのも魅力で、ギターと同様にYoutubeなどの動画により学ぶことが出来ます😘

ピアノのデメリット

ピアノは両手を駆使して指を細かく動かす必要があります😅

従って、指を細かく動かすのが大変な方は指弾きはやめておいた方が良いでしょう😅

また、ピアノの楽譜は音符が非常に多く登場するため、譜読みが大変であることもデメリットになってきます😁

フルート

メリットデメリット
楽器が軽い首や肩が凝る
消耗品が少ない難しい
同年代が多い独学は厳しい
フルートのメリットとデメリット

フルートは木管楽器という管楽器で、金、銀、洋銀・白銅などの金属によってできている楽器です😎

特徴としては、単音、C管楽器(ピアノと同じ調ということ)、綺麗な音色、バンドやアンサンブルをする際メインになることが多いなどが挙げられます😉

70歳の方に対するメリットとしては、楽器が軽い、消耗品が少ない、同世代が多いことが挙げられます😍

一方、デメリットとしては、首や肩が凝りやすい、難しい、独学は厳しいなどが考えられます😁

メリットやデメリットについて、もう少し深掘りしていきましょう👍

フルートのメリット

フルートの重量は400g〜500gくらいなので、高齢者の方でも持ちやすいです😆

ギターなどは、弦を定期的に交換しなければならないため、費用や手間がかかりますが、フルートはそのような消耗品がないため費用や手間がかかりません😁

あとは、意外と同世代の方が多いです😘

例えば、私が通っているフルート教室は60歳以上の方が多くいらっしゃいます😁

これは、定年後にフルートを始められる方が多いことが理由のようです😍

フルートのデメリット

フルートは斜めに構えるため、首や方が凝ります😅

従って、首や肩が弱い方はやめておいた方が良いでしょう😅

フルートは音を鳴らすのが難しい楽器なため、初めは綺麗な音色が吹けず苦労します😆

フルートを始める際には根気が何よりも必要です😘

フルートは吹けば音が鳴るという楽器ではないので、独学は難しいです😅

初めてフルートを吹かれる方は、独学ではなく音楽教室に通うことをおすすめします😘

なお、以下ではおすすめなフルート教室について紹介していますので、こちらも併せてご覧ください👍

ベース

メリットデメリット
ギターより弾きやすい大きい
バンドで重宝される持ち運びにくい
エレキならば音量調節ができる一人で楽しみづらい
ベースのメリットとデメリット

ベースにもいくつか種類がありまして、エレキベース、ウッドベース、アコースティック・ベース ギターなどがあります😘

特徴としては、基本的には低音を鳴らす、バンドに必要、正確なリズムやテンポが求められるなどが挙げられます🤩

70歳の方に対するメリットとしては、弦がギターより少ないため弾きやすい、バンドで重宝される、エレキベースならば音量調節ができるなどが挙げられます😍

一方、一人で楽しみづらい、ウッドベースなどになると大きい、持ち運びにくいなどのデメリットもあります😅

ベースのメリット

ベースは弦が4本ですので、ギターよりも弾きやすいです😁

また、バンドやアンサンブルではなくてはならない存在ですので重宝されます😆

エレキベースであれば音量が調節できるため、自宅での練習も可能となります😁

ベースのデメリット

エレキベースは4kg前後、ウッドベースは約10kgになりかなり大きいため、持ち運びづらいです😅

また、バンドで重宝される反面、一人では楽しみづらいという欠点もあります😅

リコーダー

メリットデメリット
軽い音量が小さい
演奏しやすい状態を保つのに手間がかかる
耳に優しい壊れやすい
リコーダーのメリットとデメリット

リコーダーと言えば小学校で吹いた経験があると思いますが、あれは初心者用の安価なリコーダーです😘

実際には、もっと質の高い上質なリコーダーがたくさんあり、綺麗で優しい音色を奏でることが出来ます😍

70歳の方に対するメリットとしては、軽い、演奏しやすい、耳に優しいなどが挙げられます😍

一方、音量が小さい、状態を保つのに手間がかかる、壊れやすいなどのデメリットもあります😅

リコーダーのメリット

リコーダーの重さは200g前後ですので、本記事で紹介する楽器の中で最も軽い楽器となります😍

そのため、持ち運びやすいというメリットもあります😆

また、管楽器の中では音が出しやすい楽器で、息を吹けば大抵音が鳴ります😁

音量が小さめで優しい音色であるため、耳に優しいです😘

リコーダーのデメリット

リコーダーは音量が小さいため、他の楽器とアンサンブルすると音量負けすることが多いです😅

また、材質が木製の場合は湿度によって状態が変わったり、ふとしたことで割れてしまったりします😅

従って、日々の管理や定期的なメンテナンスが必要になる点が手間になります😅

上述したことと関連しますが、材質が木製だと割れてしまったり、ぶつけたりすることにより壊れてしまうリスクが高いのも欠点になります😅

まとめ

さて、本記事をまとめますと・・・

<70歳から始めるおすすめ楽器ベスト3>

1位:リコーダー

2位:デジタル管楽器

3位:ピアノ

最後までご覧になって頂き有難うございました😍

ちなみに、楽譜を自動で伴奏してくれるアプリがあることはご存知でしょうか??

Metronautは、自分の好みな曲を選択すると楽譜が表示され、さらに伴奏音源を流しながら自分の楽器を練習することができるアプリです😆

例えば、自分の好きな曲を選択し、ピアノ伴奏を流しながらフルートを演奏することができます😍

また、フルートをオンにすれば、お手本演奏として音源を聴くこともできます😍

今なら、1週間無料トライヤルを実施していますので、試しに使用してみてはいかがでしょうか👍

また、以下の記事ではMetronautを始めとした自動伴奏アプリやそれらの使い方について紹介していますので、こちらもぜひご覧になってみてください👍

楽器を売りたい方へ

使わなくなった楽器や古い楽器の整理をしたいけど、廃棄するのがもったいなかったりしますよね😅

そんな時は、出張買取が便利ですよ😆

出張買取は、業者が自宅まで赴き楽器の査定してくれます😁

そして、気に入った金額ならばその場で支払いをし、楽器を引き取ってくれるのです😆

しかも、買取が不可能でも楽器を引き取り廃棄してくれる業者もあります😆

私がおすすめなのは楽器の買取屋さんで、出張費、査定費が無料で、当日支払いも可能なのです😁

電話での応対も丁寧ですので、もし不必要な楽器の処分に困っていたら、電話で相談してみましょう👍

また、以下の記事では楽器買取について詳しく紹介していますので、興味がある方は以下の記事もご覧になってみてください👍

Visited 645 times, 1 visit(s) today

初心者向け初心者

Posted by Irassai