当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

※この記事には広告・PRが含まれています。

【電子ピアノメーカーを比較してみた】対象者別におすすめピアノも紹介します🎶

2023年9月21日

どーも、Irassaiです😎

ピアノを始めようと思うけど、グランドピアノやアップライトピアノは高いしスペースもとるので、いきなり買うのは戸惑いますよね😅

なので初めは電子ピアノが良いですが、こちらも種類が沢山あってどれにしたら良いかわからないと😅

ということで今回は、電子ピアノの中でも、安くておすすめな製品について紹介したいと思います😁

対象者別おすすめ電子ピアノ、電子ピアノの相場、メーカー別比較、卓上電子ピアノ比較など😊

では、行ってみよう♫

Irassai

この記事はこんな方におすすめじゃ

ポイント

・電子ピアノの購入を考えている方

・おすすめな安い電子ピアノを教えて欲しい方

・メーカー別の電子ピアノの違いについて知りたい方

ちなみに、楽譜を自動で伴奏してくれるアプリがあることはご存知でしょうか??

Metronautは、自分の好みな曲を選択すると楽譜が表示され、さらに伴奏音源を流しながら自分の楽器を練習することができるアプリです😆

例えば、自分の好きな曲を選択し、ピアノ伴奏を流しながらフルートを演奏することができます😍

また、フルートをオンにすれば、お手本演奏として音源を聴くこともできます😍

今なら、1週間無料トライヤルを実施していますので、試しに使用してみてはいかがでしょうか👍

*リンク先は英語表記ですが、ダウンロード後は日本語表記になりますのでご安心ください。

また、以下の記事ではMetronautを始めとした自動伴奏アプリやそれらの使い方について紹介していますので、こちらもぜひご覧になってみてください👍

メーカー別比較

ここではメーカー別の電子ピアノの比較をしていきます😍

今回は、各メーカーの中から低価格な電子ピアノを選んで比較しています😘

また、「キーボード」と記載されていなくとも、仕様がキーボードのような製品は省いています👍

ちなみに、Metronautというアプリはご存知でしょうか??

アプリ内にある楽譜を自動で演奏・伴奏してくれる便利なアプリです😎

ボーカルや楽器の練習に最適なアプリで、今なら1週間無料トライヤルを実施していますので、是非チェックしてみてください👍

ヤマハ

製品名タイプ幅✖️高さ✖️奥行き(cm)
YDP-165キャビネット135.7✖️84.9✖️42.2
YDP-145キャビネット135.7✖️81.5✖️42.2
YDP-S55キャビネット135.3✖️79.2✖️30.9
YDP-S35キャビネット135.3✖️79.2✖️29.6
P-515卓上133.6✖️14.5✖️37.6
P-125a卓上132.6✖️16.6✖️29.5
P-121卓上114✖️16.6✖️29.5
P-45卓上132.6✖️15.4✖️29.5
参考情報:ヤマハHP
製品名鍵盤数音色数価格(円)
YDP-1658810110,000
YDP-1458810103,400
YDP-S558810119,900
YDP-S35881096,800
P-5158849153,880
P-125a882465,890
P-121732443,890
P-45881047,600
参考情報:ヤマハHP

*価格は全てオープン価格なので、楽天市場での価格を参考までに載せています。

*製品名をクリックすると、その製品のページに飛ぶことができます。

4つのキャビネットタイプは、全て価格が同程度でした😍

最も安い価格の製品だったのはP-121の43,890円でした🤩

カワイ

製品名タイプ幅✖️高さ✖️奥行き(cm)
CN301キャビネット141✖️87✖️43.5
CN201キャビネット136✖️86✖️40.5
ES920卓上134✖️14.5✖️37.5
ES120Filo卓上130.5✖️15.0✖️28.0
参考情報:カワイHP
製品名鍵盤数音色数価格(円)
CN3018845214,500
CN2018819148,500
ES9208838176,000
ES120Filo8825935,00
参考情報:カワイHP

*製品名をクリックすると、その製品のページに飛ぶことができます。

キャビネットタイプで最も安価な製品はCN201で148,500円、卓上タイプはES120Filoで935,00円でした👍

ローランド

製品名タイプ幅✖️高さ✖️奥行き(cm)
RP701キャビネット136.3✖️102.7✖️46.3
F701キャビネット136.0✖️78.1✖️34.5
RP107キャビネット137.8✖️98.2✖️41.0
F107キャビネット136.0✖️91.0✖️34.5
FP-60X卓上129.1✖️12.6✖️34.4
FP-30X卓上130.0✖️15.1✖️28.4
FP-10卓上128.4✖️14.0✖️25.0
参考情報:ローランドHP
製品名鍵盤数音色数価格(円)
RP70188324116,300
F70188324107,800
RP1078815957,00
F1078815957,00
FP-60X88279以上159,500
FP-30X885688,000
FP-10881563,800
参考情報:ローランドHP

*価格は全て楽天市場での価格を記載しています。

*製品名をクリックすると、その製品のページに飛ぶことができます。

キャビネットタイプで最も安価な製品はRP107及びF107で、957,00円でした🤩

一方、卓上タイプで最も安価だったのは、FP-10の63,800円でした😄

カシオ

製品名タイプ幅✖️高さ✖️奥行き(cm)
AP-470キャビネット141.7✖️86.1✖️42.7
PX-770キャビネット139.1✖️79.8✖️29.9
PX-S3100卓上132.2✖️10.2✖️23.2
PX-S1100卓上132.2✖️10.2✖️23.2
参考情報:カシオHP
製品名鍵盤数音色数価格(円)
AP-470882292,000
PX-770881974,800
PX-S31008870090,200
PX-S1100881863,800
参考情報:カシオHP

*価格は全て楽天市場での価格を記載しています。

*製品名をクリックすると、その製品のページに飛ぶことができます。

キャビネットタイプで最も安価な製品はPX-770で、74,800円でした🤩

一方、卓上タイプで最も安価だったのは、PX-S1100の63,800円でした😄

Korg

製品名タイプ幅✖️高さ✖️奥行き(cm)
LP-380Uキャビネット135.5✖️77.2✖️35.1
LP-180キャビネット136.5✖️78.1✖️27.4
D1卓上132.7✖️12.8✖️26.3
Liano卓上138.2✖️7.3✖️29.0
SP-280卓上136.1✖️16.9✖️38.0
参考情報:Korg HP
製品名鍵盤数音色数価格(円)
LP-380U883074,800
LP-180881049,800
D1883044,000
Liano88839,600
SP-280883040,000
参考情報:Korg HP

*価格は全て楽天市場での価格を記載しています。

*製品名をクリックすると、その製品のページに飛ぶことができます。

キャビネットタイプで最も安価な製品はLP-180で、49,800円でした🤩

一方、卓上タイプで最も安価だったのは、Liano及びSP-280の40,000円でした😄

キャビネットタイプ・電子ピアノの比較

キャビネットタイプ・電子ピアノの比較

最も安い価格な製品は、KorgのLP-180で、49,800円でした😎

メーカー別で価格を比較すると、カワイ>ヤマハ=ローランド>カシオ>Korgの順に価格差がある傾向でした😘

音色数はローランドのRP701とF701が最も多く324でした😁

内蔵曲数は、カワイのCN301が最も多く、515曲でした😍

卓上タイプ・電子ピアノの比較

卓上タイプ・電子ピアノの比較

最も価格が安いのは、KorgのLiano及びSP-280の40,000円でした😘

音色数が多いのは、カシオのPX-S3100で、700でした🤩

内蔵曲数が多いのは、カシオのPX-S3100で、310でした🤩

対象者別安いおすすめ電子ピアノ

これからピアノを始める初心者の方

ヤマハのYDP-165はいかがでしょうか??

YDP-165は、グランドピアノを再現することを目標に作られた電子ピアノで、サウンド、鍵盤のタッチ感がグラウンドピアノに似ています🤩

本格的にピアノを演奏しようと考えている場合、将来的にグランドピアノやアップライトピアノを弾くときのギャップを少なくする意味でも、YDP-165はおすすめの製品になります😊

価格は、110,000円程度と低価格の電子ピアノ野中では少し高めですが、その価値があるピアノだと思います👍

小型の電子ピアノが欲しい方

カワイのES920がおすすめです😎

小型でスペースを取らない電子ピアノであれば、卓上型が良いでしょう😊

その中で、ES920はグランドピアノの音色が内蔵されており、迫力のあるスピーカーも搭載されています😆

また、鍵盤は「レスポンシブ・ハンマー・アクションⅢ」システムを採用しており、グランドピアノの鍵盤のタッチに近くなるよう設計されています😁

音色数は38、内蔵曲数は25と申し分のない性能ですし、卓上電子ピアノの中でおすすめの製品となっています😆

価格を抑えつつ、それなりの性能をもつ電子ピアノが欲しい方

ズバリ、KorgのLP-180です😎

価格が50,000円程度と安いですが、電子ピアノとしての基本性能は十分に持っています😆

例えば、鍵盤はナチュラル・ウェイテッド・ハンマー・アクションを採用しており、アコースティック・ピアノを再現したタッチ感があります🤩

3本のペダルユニットも搭載されており、趣味で楽しむのに最適です👍

とにかく安い電子ピアノが欲しい方

KorgのLianoはいかがでしょうか??

私が今回紹介している製品の中では最も安い40,000円程度の電子ピアノです😆

卓上型の小さい電子ピアノで、音色数が8、鍵盤は弾きやすいライト・タッチを採用しています😆

上述した電子ピアノと比べると少し物足りない部分はありますので、どちらかというと趣味で演奏するのに向いています👍

電子ピアノとは

電子ピアノとは、電子技術を使ってピアノの音を再現する鍵盤楽器のことです😎

鍵盤を弾くと、その情報が音源に伝わり、スピーカーから発音するという仕組みになっています😘

電子ピアノの音源は、「サンプリング音源」「モデリング音源」の2種類があります😆

「サンプリング音源」はあらかじめ録音した音を再生し、「モデリング音源」は弾き方に応じてリアルタイムに音を生み出します🤩

ちなみに、デジタル管楽器という管楽器の電子楽器もあります😍

デジタル管楽器に興味がある方は以下の記事もご覧ください🤩

電子ピアノの相場

メーカーや性能によって値段は変わりますが、大体の目安を述べますと・・・

<電子ピアノの相場>

・低価格製品:10万円程度

・中価格製品:20万円〜30万円程度

・高価格製品:40万円程度

なお、ピアノ教室に興味がある方は以下の記事で月謝について比較していますので、こちらも合わせてご覧ください😆

電子ピアノにおける値段の違い

電子ピアノの価格が違うと、具体的に何が違うのでしょうか??

ポイントは、①卓上タイプかキャビネットタイプか、②鍵盤の素材、③音源の種類、④スピーカーの数、の4つです😉

1つ1つ見ていきましょう♫

卓上タイプかキャビネットタイプか

卓上タイプは上記のような小型の電子ピアノのことです😎

一方、キャビネットタイプは従来の大きさの電子ピアノになります

卓上タイプの方がお手軽で値段も下がります😍

鍵盤の素材

電子ピアノの鍵盤素材は、樹脂製木製の2種類があります😊

木製の鍵盤の方がピアノに近いタッチ感を得られますが、その分価格が高くなります😍

一方、樹脂製の方が湿気や乾燥の影響を受けないため、耐久性があるというメリットもあります😘

音源の種類

電子楽器は音源の種類やクオリティによって音色が決まります😆

上述したように、音源は「サンプリング音源」と「モデリング音源」の2種類があり、モデリング音源の方がクオリティが高く値段が高いです🤩

スピーカーの数

スピーカーの数が多い方が良いサウンドになるため価格も上がります😎

一般的な電子ピアノはスピーカーが2つ、20万円程度の電子ピアノで4つ、30万円で6つというのが相場になります😊

電子ピアノとキーボードの違い

電子ピアノと似た楽器に「キーボード」があります😎

電子ピアノは「ピアノ」を再現するという目的で生まれた楽器で、鍵盤数は88、鍵盤のタッチがハンマーが入っているためピアノに近いタッチになっています😁

一方、キーボードは気軽に演奏することを目的に通られているため、鍵盤数が少なかったり、鍵盤の長さや幅が狭かったり、タッチが軽かったりします😍

値段においても、キーボードの方が安いことが多いです😁

なので、ピアノを想定している方は電子ピアノを選ぶのが良いでしょう😘

なお、キーボードについては以下の記事をご覧ください😘

https://fluteirassai.com/cheap_keybords/

番外編:ピアノアプリ

なお、ピアノを購入するにもお金やスペースがないという方には、アプリも便利です😘

ピアノアプリについては上の記事で紹介していますので、こちらもぜひご覧ください👍

電子ピアノ用備品

https://fluteirassai.com/piano_chair/

電子ピアノにはヘッドホン、イヤホン、椅子も必要ですよね😍

電子ピアノに最適なおすすめ製品については上記の記事で紹介していますので、是非ご覧ください👍

キーボードスタンド

https://fluteirassai.com/piano_stands/

キーボード用のスタンドも色々あって悩みますよね😅

上の記事で、スタンドについて色々紹介していますので、スタンドに興味がある方は是非ご覧ください👍

まとめ

さて、本記事をまとめますと・・・

電子ピアノメーカー比較 まとめ

最後までご覧になって頂き有難うございました😍

ちなみに、楽譜を自動で伴奏してくれるアプリがあることはご存知でしょうか??

Metronautは、自分の好みな曲を選択すると楽譜が表示され、さらに伴奏音源を流しながら自分の楽器を練習することができるアプリです😆

例えば、自分の好きな曲を選択し、ピアノ伴奏を流しながらフルートを演奏することができます😍

また、フルートをオンにすれば、お手本演奏として音源を聴くこともできます😍

今なら、1週間無料トライヤルを実施していますので、試しに使用してみてはいかがでしょうか👍

また、以下の記事ではMetronautを始めとした自動伴奏アプリやそれらの使い方について紹介していますので、こちらもぜひご覧になってみてください👍

楽器を売りたい方へ

使わなくなった楽器や古い楽器の整理をしたいけど、廃棄するのがもったいなかったりしますよね😅

そんな時は、出張買取が便利ですよ😆

出張買取は、業者が自宅まで赴き楽器の査定してくれます😁

そして、気に入った金額ならばその場で支払いをし、楽器を引き取ってくれるのです😆

しかも、買取が不可能でも楽器を引き取り廃棄してくれる業者もあります😆

私がおすすめなのは楽器の買取屋さんで、出張費、査定費が無料で、当日支払いも可能なのです😁

電話での応対も丁寧ですので、もし不必要な楽器の処分に困っていたら、電話で相談してみましょう👍

また、以下の記事では楽器買取について詳しく紹介していますので、興味がある方は以下の記事もご覧になってみてください👍

Visited 371 times, 1 visit(s) today