当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

※この記事には広告・PRが含まれています。

【リーフレック意味ない?】フルートで効果を検証してみました🎶

2024年1月26日

執筆者紹介

執筆者紹介

当ブログでは、フルートを中心とした音楽情報に関するブログ記事を投稿しています😁

私の細かいプロフィールはこちらです😁

リーフレックっていう商品があるけど、実際のところどのくらい効果があるんでしょうね??

ということで、実際に購入して効果の程を試してみました😆

結論から述べると、効果は抜群でした😍

この記事では、実際の効果について、リーフレックとは何か、使い方などをご紹介していきます😁

興味を持ったら、早速リーフレック試してみよう😎

ちなみに、楽譜を自動で伴奏や演奏をしてくれるアプリをご存知ですか??

Metronautは、自分の好みな曲を選択すると楽譜が表示され、さらに伴奏音源を流しながら自分の楽器を練習することができるアプリです😆

例えば、自分の好きな曲を選択し、ピアノ伴奏を流しながらフルートを演奏することができます😍

また、フルートをオンにすれば、お手本演奏として音源を聴くこともできます😍

今なら、1週間無料トライヤルを実施していますので、試しに使用してみてはいかがでしょうか👍

*リンク先は英語表記ですが、ダウンロード後は日本語表記になりますのでご安心ください。

また、以下の記事ではMetronautを始めとした自動伴奏アプリやそれらの使い方について紹介していますので、こちらもぜひご覧になってみてください👍

リーフレックを実際に試してみた

実際に島村楽器にてリーフレックを試してみましたので、その際のレビューについてご紹介していきたいと思います😆

リーフレックの試奏

島村楽器にて、リーフレック試してみました😎

試したのは以下の店頭にあった3種類😆

さて、リーフレックの実力は如何に??

Brass 33mm

まずは、オーソドックス、真鍮であるBrassを私のPearl Cantabilla(総銀)の頭部間に装着、試してみました😘

・・・うおっ🤩🤩

いきなり、全然違いました😁

まず、音量がパワーアップ、音色はいつもの音色と異な、少し重厚感が出たような音がしました😆😆

いきなり好スタートです😘

Solid plated 33mm

続いて、洋銀に銀メッキを施したSolid platedを装着してみました😘

リーフレックはフルートと同じ材質のものを選んだほうが良いようなので、私のフルートにはこれが1番相性が良いということになります😁果たして??

・・・最高です😁

Brassよりさらに音量がパワーアップし、音色は少し豊かになった感じでした🤩

12,100円でこんなに変わるのか・・多分、私いずれ買いますね、これ😆😆

Gold plated 33mm

最後に銀に金メッキをしたGold plated😁

お値段的にはこれが1番高いのですが、如何に??

・・・・おおっ、音色変わりました😁

金のフルートを試奏した時に近い感覚です😘

芯があって、重厚な感じ😆

ただ、好み的には、Solid platedが1番でしたね😎

スタッフさん曰く、好みで良いという事なので、買う前に1度試して自分の好みのリーフレックを見つけるのが良いと思います😆

Solid Siver 33mmのレビュー

後日、あまりにも気に入ったので「Solid Siver 33mm」を購入しました😘

これは銀製のリーフレックになります😎

私の印象としては、音色はそのまま芯が通っている感じで、音量がかなりパワーアップしたと思います😘

では実際に動画を撮影しましたので、聴き比べてみましょう♫

<リーフレックなし>

<リーフレックあり>

いかがでしょうか??

動画だと伝わりにくい部分もありますが、自分で試奏してみると差が一目瞭然ですよ😘

リーフレックとは??

図:リーフレックを付けたフルート

lefreQue(リーフレック)はさまざまな管楽器のジョイント部(MP~ネック間や頭部管~主管間など)に取付けることで、音の伝達を向上させるアイテムです。音量、響きが向上し、より多彩な音楽表現が可能になります。

引用:島村楽器

つまり、管楽器の音量や響きをパワーアップさせてくれるアイテムなのです😎

理屈としては、ジョイント部分は隙間があるため、そこから振動が漏れる、そこでリーフレックをつけることで、振動を逃さないようにするため、音量や響きが良くなる、というもののようです😁

Le Freque社

リーフレックはオランダのLe Freque社が開発・販売してます😘

2008年にHans KuijtさんがLe Freque社を設立し、2011年にリーフレック第一号が販売されたようです😘

今では、トップアーティスト達も愛用しているようで、Anette Maiburg、Angela Jones-Reus、Jovana Stankovic Popovic、Rogier de Pijper、Emmanuel Pahudなどなど😆

そして、日本で販売代理店をしているのが島村楽器です👍

リンク:Le Freque HP

*日本で、島村楽器以外のメーカーから販売されている場合は正規ルートでない可能性もありますので、注意してください。

リーフレックの種類と価格

(素材)

真鍮:Brass, Vintage, Red Brass

価格:7,700円〜12,100円

銀製品:Silver plated, Solid Silver

価格:12,100円〜51,700円

金製品:Gold plated, Solid Gold, Red Brass +Gold plated

価格:33,000円〜888,000円

プラチナ:Platinum

価格:418,000円

特殊樹脂:Tutorial

価格:2,750円

*詳細は島村楽器HP参照ください:島村楽器

(サイズ)

33mm, 41mm, 76mm

*使用する管楽器によってサイズを選びます😆

リーフレック ゴムバンド

製品名:リーフレック ゴムバンド 45mm シルバー

価格:500円

リーフレックをフルートに設置する際、このゴムバンドが入ります😎

ゴムの長さは、自分のフルートとリーフレックが無理なく止められる長さか直接試した上で選びましょう😘

リーフレックの付け方

① 図のように配置し、ボタンが上になるようにする

② 図のように2枚のリーフレックを重ねる

③ 2枚に重ねたリーフレックをボタンが上側に来るようにし、ジョイント部分をまたいで設置する。その後、ゴムで止める

④ リーフレックは先端部分の先がフルートのキーに当たらないラインに設置する(赤線)。これは振動がキーによってうまく伝わらないため、キーを避けるとよいから。

まとめ

さて、本記事をまとめますと・・・・

・リーフレックとは、管楽器の音量や響きをパワーアップさせてくれるアイテムのこと。

・リーフレックは、大まかには真鍮製、銀製、金製があり、価格の幅は7,700円〜88,8000円

・リーフレックは自分のフルートと同材質のものが相性が良い

・どのリーフレックを選ぶかは、自分のフルートとの相性と音色や響の好みで決めると良い

最後までご覧になって頂き有難うございました😍

ちなみに、楽譜を自動で伴奏してくれるアプリがあることはご存知でしょうか??

Metronautは、自分の好みな曲を選択すると楽譜が表示され、さらに伴奏音源を流しながら自分の楽器を練習することができるアプリです😆

例えば、自分の好きな曲を選択し、ピアノ伴奏を流しながらフルートを演奏することができます😍

また、フルートをオンにすれば、お手本演奏として音源を聴くこともできます😍

今なら、1週間無料トライヤルを実施していますので、試しに使用してみてはいかがでしょうか👍

また、以下の記事ではMetronautを始めとした自動伴奏アプリやそれらの使い方について紹介していますので、こちらもぜひご覧になってみてください👍

楽器を売りたい方へ

使わなくなった楽器や古い楽器の整理をしたいけど、廃棄するのがもったいなかったりしますよね😅

そんな時は、出張買取が便利ですよ😆

出張買取は、業者が自宅まで赴き楽器の査定してくれます😁

そして、気に入った金額ならばその場で支払いをし、楽器を引き取ってくれるのです😆

しかも、買取が不可能でも楽器を引き取り廃棄してくれる業者もあります😆

私がおすすめなのは楽器の買取屋さんで、出張費、査定費が無料で、当日支払いも可能なのです😁

電話での応対も丁寧ですので、もし不必要な楽器の処分に困っていたら、電話で相談してみましょう👍

また、以下の記事では楽器買取について詳しく紹介していますので、興味がある方は以下の記事もご覧になってみてください👍

Visited 489 times, 1 visit(s) today