当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

※この記事には広告・PRが含まれています。

【ピアノを辞める時の伝え方】具体的な事例集もありますよ♫

2023年9月15日

どーも、Irassaiです😎

ピアノを辞めたいんだけど、先生にどう伝えたら良いのか悩みますよね😅

そこで今回は、ピアノを辞める時の具体的な伝え方についてご紹介していきます😘

伝える方法、タイミング、辞める時に役立つ理由集、お礼の品、私の経験談など🤩

それでは、行ってみよう♫

Irassai

この記事はこんな方におすすめじゃ

ポイント

・ピアノを辞めるけどどう伝えたら良いか悩んでいる方

・ピアノを辞めたいのだがなかなか言い出せない方

・伝える方法について悩んでいる方

ちなみに、楽譜を自動で伴奏してくれるアプリがあることはご存知でしょうか??

Metronautは、自分の好みな曲を選択すると楽譜が表示され、さらに伴奏音源を流しながら自分の楽器を練習することができるアプリです😆

例えば、自分の好きな曲を選択し、ピアノ伴奏を流しながらフルートを演奏することができます😍

また、フルートをオンにすれば、お手本演奏として音源を聴くこともできます😍

今なら、1週間無料トライヤルを実施していますので、試しに使用してみてはいかがでしょうか👍

*リンク先は英語表記ですが、ダウンロード後は日本語表記になりますのでご安心ください。

また、以下の記事ではMetronautを始めとした自動伴奏アプリやそれらの使い方について紹介していますので、こちらもぜひご覧になってみてください👍

伝える方法とメリット・デメリット

まずは、ピアノを辞めることを伝える方法について考えてみましょう😎

一般的には、直接話す、電話で話す、メールを書く、LINEで伝えるなどが考えられますね😆

それぞれのメリットやデメリットを考えていきましょう😆

尚、この章ではピアノ教室の先生に伝えることを前提に話を進めていきます😊

ちなみに、楽器の買取ならば楽器の買取屋さんがおすすめです😆

楽器の買取屋さんは、出張費、査定費が無料で、当日支払いも可能なのです😁

電話での応対も丁寧ですので、もし不必要な楽器の処分に困っていたら、電話で相談してみましょう👍

直接伝える

直接伝えるメリットとデメリット

直接伝えるのは1番気持ちが伝わり、かつ感謝が伝わります😎

お世話になった先生の期間が長ければ長いほど、直接伝えることで相手の感謝が伝わるため1番良い方法と言えるでしょう😘

一方、デメリットとしては、言い出しづらいこと😅

長い期間お世話になった先生であればあるほど伝えづらいため、言い出すのに勇気が必要になってきます😅

電話で伝える

電話で伝えるメリットとデメリット

電話で伝える方法は、メリットとデメリットが直接伝えるのと似ています😊

メリットは、気物が伝わる、感謝が伝わることです😊

一方、デメリットは、勇気がいる、言い出しづらいなどが挙げられます😅

電話で伝える場合、直接伝えるよりも気持ちがやや伝わりづらいが、直接伝えるよりも言い出しやすいといったところでしょう😘

メールやLINEで伝える

メールで伝えるメリットとデメリット

メールやラインで伝える場合、手軽に伝えられる、手間がかからない、直接伝えるのに比べ勇気がいらないなどのメリットが考えられます😁

一方、デメリットとしては、感謝が伝わりづらいことがあるでしょう😅

大手音楽教室に通っていた場合や先生とそこまで親密でない場合は、この方法でも良いでしょう😊

どの方法を取るのが良いのか

伝える方法の選び方

どの方法を取るべきなのかは、先生との親密さやお世話になった度合いによって決めるのが良いでしょう😆

例えば、個人教室の先生に10年間お世話になったのであれば直接伝えるのが良いですし、数ヶ月程度通っただけならば、メールでも構わないと思います🤩

先生にどれくらいお世話になったのかを考えて、辞める方法を選んでみましょう👍

辞めることを伝えるタイミング

いきなり当日辞めることを伝えるのは、相手に迷惑をかけてしまいますね😅

一般的には、1ヶ月以上前に伝えるのが多いです😊

と言いますのも、授業料が月謝制の場合は1ヶ月ごとに支払いが発生しますので、その区切りに伝えた方がスムーズに行くからです😁

また、先生に感謝を伝える意味も込めて、いきなり当日伝えるよりは1ヶ月後に辞めることを伝えた方が感謝の気持ちも伝わるでしょう👍

ピアノを辞めるタイミング

ピアノを辞める時期は人それぞれですが、共通するタイミングも意外と多いです😊

この章では、共通するピアノを辞める時期についてみていきましょう♫

学校を卒業するタイミング

幼稚園から小学校、小学校から中学校、中学校から高校など、学校を卒業し次の学校に入学するタイミングでピアノを辞める方は多いです😊

次の学校生活が忙しくなりそうだから、受験勉強が忙しいから、ピアノをずっと続けるつもりではなかったので一区切りついたからなどの理由が多いですね😆

社会人になるタイミング

社会人になるタイミングで辞められる方もいますよね😊

社会人になるまでピアノを続けられてきた方は趣味の方が多いと思います😁

なので、新生活が始まるから、仕事が忙しいからという理由で辞められることが多いです😅

異動するタイミング

会社の都合で異動する時は通っていた音楽教室を辞めることになります😅

なので、そのまま次の音楽教室に入ることなく辞めてしまうというパターンですね😅

結婚や出産のタイミング

女性で多いのは結婚や出産のタイミングでピアノを辞めてしまう方ですね😅

子育ては大変ですので、なかなか趣味の時間を取るのが難しく泣く泣く辞めてしまうパターンです😅

私が通っている音楽教室でも、20代の女性は多いですが30代になるとガクッと人数が減ります😅

その理由は、結婚や出産を理由に20代で辞めてしまう方が多いからです😅

ピアノ実態調査による結果

【ズバット ピアノ買取比較】さんによる500人を対象にしたアンケート調査によると、12歳、15歳、18歳でピアノを辞めた方々が最も多かったようです😅

やはり、学校が変わることによる環境の変化が要因なようですね😘

【ズバット ピアノ買取比較】さんの調査結果については以下のリンク先をご覧ください👍

リンク:【ズバット ピアノ買取比較】

ピアノを辞める時の失礼のない理由集

ピアノを辞める時は理由を伝えますよね😊

正直に辞める理由を伝えるのが1番ですが、あまりに直接的すぎると無礼になってしまう場合もあります😅

そこでこの章では、ピアノを辞める時の失礼のない理由についてご紹介していきます😆

ケース別に作りましたので、具体的にどのように伝えたら良いのか悩んでいる方は参考にしてみてください👍

ちなみに、楽器の買取ならば楽器の買取屋さんがおすすめです😆

楽器の買取屋さんは、出張費、査定費が無料で、当日支払いも可能なのです😁

電話での応対も丁寧ですので、もし不必要な楽器の処分に困っていたら、電話で相談してみましょう👍

音楽教室の先生に伝えるケース(子供編)

辞める理由の具体例

・塾に行くことになったから

・部活が忙しくなったから

・受験が近づいてきたから

子供がピアノ教室を辞める場合、子供が直接先生に述べる、または親が先生に述べるケースになります😊

音楽教室を辞める場合、ピアノに飽きた、他の楽器をやりたくなったなど、直接的な理由を述べてしまうと無礼になってしまいますよね😅

本心とは多少違くとも、他の理由を言いつつ感謝を述べるのが無難です😊

子供の場合、他の用事で忙しくなってきたからという理由がおすすめです😘

勉強に専念したい、部活に専念したいなどの理由を述べると、失礼なく辞めることだできるでしょう👍

音楽教室の先生に伝えるケース(大人編)

辞める理由の具体例

・仕事が忙しくなってきたから

・異動するから

・家庭の事情で

・親の面倒をみなければならなくなったから

・育児が大変になってきたから

大人が通っていた音楽教室を辞めるケースになります😊

仕事、家庭、育児、介護などを理由にするとスムーズに辞めることができるでしょう👍

親に伝えるケース

辞める理由の具体例

・部活に専念したいから

・勉強に専念したいから

・受験が近いから

・他に専念したいことが見つかったから

子供が親にピアノの習い事をやめたい時に伝えるケースです😎

ピアノを辞めたい、飽きた、しんどいなどの理由だと、喧嘩になりかねませんよね😅

ここは、部活や勉強など、他に専念したいことがあるからと伝えるのが良いでしょう👍

部活の先生に伝えるケース

辞める理由の具体例

・受験勉強に専念したいから

・家庭の事情で

・他の部活に力を入れたいから

部活の先生に部活を辞めることを伝えるケースです😅

勉強や家庭の事情など、他に時間を使わなければならない理由ができたと伝えるのが無難でしょう😘

また、他の部活に力を入れたいという理由も場合によっては良いと思います😊

おすすめできない理由集

辞める理由の具体例

・忙しくなったから

・時間がとりにくくなったから

少し忙しくなったから、時間がとりにくくなったからなどの理由だと、「それでは通う頻度を下げてはいかがですか??」と提案されてしまう可能性があります😅

相手のことを配慮しつつ、辞める理由は強めなものを選び、はっきりと辞める意思を伝えましょう👍

辞める時にお礼の品はいるのか??

辞める際にはお礼の品を用意した方がいいのでしょうか??

結論を述べると、必ずしもお礼の品を用意しなくとも良いです😊

重要なことは、相手に感謝の気持ちを伝えることですので、お礼の品よりも相手に感謝を伝えることを優先しましょう😊

しかし、お礼の品がない方が良いというわけではありませんので、感謝の気持ちを伝える上でお礼の品を用意するのは良いことです😉

ちなみに私が音楽教室を辞めた時は、特にお礼の品は用意せず、直接辞める意思を先生に伝えるだけにしておきました😊

なかなか言い出せない時は:私の経験談を例に考えてみよう

とは言いつつも、なかなか言い出せない時もありますよね😅

そんな方々のために、私のなかなか言い出せなかった時の体験談をお話ししようと思います😁

勇気を持って言い出す際の参考にしてみてください👍

ピアノを辞めたいと親に言った時

私は幼稚園児の頃ピアノを習っていました😊

その時は親の言いなりで、言われるがままピアノの練習をしていましたが、それがストレスでどうしてもピアノを辞めたくなったのです😅

しかし、なかなか親に言えずズルズルと時間だけが過ぎていきました😅

そこで私が取った行動は「ふてくされる」です😅

とにかく、ふてくされてやる気を出さず、ピアノの練習の際にもため息をついていました😅

すると、ある日ブチギレられ、なぜやる気を出さないのかと問い詰められ、泣く泣くピアノを辞めたいことを伝えました😱

そう、これは悪い例ですね😅

子供だからしょうがないと言えますが、辞めたいのならばはっきりと親に辞めたい理由を伝えるべきでした😅

ピアノを辞めたい気持ちのままズルズル練習しても何も残りませんでしたので、早めに親に相談したほうが良かったという後悔しています😱

サッカーを辞めたいと親に言った時

1993年、小学3年生のときに私は地元のサッカークラブに入りました😎

理由は、周りでサッカーが流行り出して、友達がサッカークラブに入部していたからです🤩

しかし、何となく入部し個人練習をしなかったのでちっともうまくならず、すぐに辞めたくなりました😅

その時もすぐに辞めたくなったにも関わらず、親に伝えることができず、ズルズルとやる気のないままサッカーを続けていました😅

しかし、やる気がないのですぐに言い訳を作りサボっていました😅

見かねた親が「サッカー辞めるかい??」と尋ねてきて、そのままサッカーを辞めました😅

そう、これも悪い例です😅

まず、サッカーを始めた理由が「友達が入部したから」ですので、物事を始める際の目的がありませんでした😅

また、すぐ辞めたくなっていたにも関わらず、ズルズルやる気のないままサッカーを続けたので、私の中に何も残りませんでした😅

物事を始める際には理由と目標を作ること、目標を達成するまで粘り強く努力することが必要だということがわかりますね😱

バスケ部を辞めなかった時

私は中学生の時にはバスケ部に入部していました😎

バスケを始めた理由は、当時流行っていた「スラムダンク」という漫画に影響されたからです😅

バスケ部に入部した当社は順調で、2年生の時にはレギュラーになっていたので、楽しく部活をしていました😘

しかし、途中でレギュラーを奪われてからはちっともやる気が出ず、バスケ部を辞めたくなっていました😱

しかし、バスケ部は辞めていません😍

実は、辞める前に親に相談していたからなのです😁

色々自分の悩みを打ち明けるうちに、自分の中でもう一度レギュラーになるという目標が芽生え、最後までバスケを続けることができました😁

これは、親に早めに辞めたい旨を伝えた際の良い例になりますね🤩

人に相談することで、新たな道が生まれることがありますので、今ピアノが辞めたいと思っていても、一度誰かと相談するのも良いかもしれません😁

私が音楽教室を辞めた時の伝え方

最後に、私が音楽教室を辞めた時の事例についてお話ししたいと思います😊

私は大学生の頃に音楽教室でフルートを習っており、卒業前に一度辞めています😊

その時の伝え方についての話になります🤩

当時、私は趣味としてフルートを楽しむために音楽教室に通っていました😎

2年間ほど通っていましたが、大学を卒業と同時に大学院に進学し、真剣に勉学に励む予定でしたので、卒業前に音楽教室を辞めることにしていました😁

2年間ほどお世話になっていた先生でしたので、きちんと挨拶するために1ヶ月前のレッスン日に直接辞めることを伝えました😄

その時は、正直に大学院に通うため辞めることを話し、感謝の気持ちを伝えて辞めることができました😘

先生は口惜しそうにしていましたが、私の言い分も理解してくださり、応援のメッセージを頂きました😍

ということで、結論としては直接辞めることを伝えるのが1番良いですね😁

直接伝えるのは勇気が入りますが、直接伝えないと後々後悔が生まれますので、勇気を出して伝えていきましょう♫

ピアノが不必要になったら

楽器買取専門店【楽器の買取屋さん】最短30分の無料の出張見積もり

ピアノを辞めた場合、ピアノを整理する必要もあるでしょう😆

実は、ピアノは処分するのに結構手間な楽器なので、処分するのが大変なのです😅

例えば、粗大ゴミとして廃棄しようと思っても、自治体によっては断られるケースもありますし、寄付をするにも送料が自己負担である場合が多いです😅

そこで、私としては出張買取がおすすめになります😊

出張買取は、買取業者が自宅まで訪問し査定してくれ、査定額に問題なければそのままピアノを引き取ってくれます😊

処分にお金がかかるどころか、お金を得ることができるのです😘

また、私がおすすめする楽器の買取屋さんという業者は、出張費や査定費が無料ですので、査定額が気に入らなくて買取を辞めたとしても費用がかかりません😊

詳しくは以下の記事で楽器買取業者について紹介していますので、ピアノの処分を考えている方はこちらも合わせてご覧になってみてください😍

まとめ

さて、本記事をまとめますと・・・

<ピアノを辞める時の伝え方>

・直接伝える

・電話で伝える

・メールで伝える

<結論>

直接伝えるのが最も良い方法である

今回は、ピアノを辞める時の伝え方についてご紹介しました😆

本記事を参考にしつつ、相手に失礼のないようにピアノを辞めることを伝えてみてください👍

楽器を売りたい方へ

使わなくなった楽器や古い楽器の整理をしたいけど、廃棄するのがもったいなかったりしますよね😅

そんな時は、出張買取が便利ですよ😆

出張買取は、業者が自宅まで赴き楽器の査定してくれます😁

そして、気に入った金額ならばその場で支払いをし、楽器を引き取ってくれるのです😆

しかも、買取が不可能でも楽器を引き取り廃棄してくれる業者もあります😆

私がおすすめなのは楽器の買取屋さんで、出張費、査定費が無料で、当日支払いも可能なのです😁

電話での応対も丁寧ですので、もし不必要な楽器の処分に困っていたら、電話で相談してみましょう👍

また、以下の記事では楽器買取について詳しく紹介していますので、興味がある方は以下の記事もご覧になってみてください👍

Visited 500 times, 13 visit(s) today