当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

※この記事には広告・PRが含まれています。

【施設にピアノを寄付する方法】寄付のやり方や寄付先をいろいろ紹介してます♫

2024年1月5日

執筆者紹介

執筆者紹介

当ブログでは、フルートを中心とした音楽情報に関するブログ記事を投稿しています😁

私の細かいプロフィールはこちらです😁

どーも、Irassaiです😎

使わなくなったピアノを寄付しようかと思うんだけど、寄付ってどうやるんでしょうね??

ということで今回は、楽器の寄付方法についてご紹介していきたいと思います😍

寄付とは、寄付のやり方、寄付先、他の楽器処分方法など😘

この記事を参考にしつつ、自分に合った寄付先を見つけてみてください🤩

それでは行ってみよう♫

ちなみに、楽譜を自動で伴奏してくれるアプリがあることはご存知でしょうか??

Metronautは、自分の好みな曲を選択すると楽譜が表示され、さらに伴奏音源を流しながら自分の楽器を練習することができるアプリです😆

例えば、自分の好きな曲を選択し、ピアノ伴奏を流しながらフルートを演奏することができます😍

また、フルートをオンにすれば、お手本演奏として音源を聴くこともできます😍

今なら、1週間無料トライヤルを実施していますので、試しに使用してみてはいかがでしょうか👍

*リンク先は英語表記ですが、ダウンロード後は日本語表記になりますのでご安心ください。

また、以下の記事ではMetronautを始めとした自動伴奏アプリやそれらの使い方について紹介していますので、こちらもぜひご覧になってみてください👍

寄付とは

寄付とは、募金活動を実施している組織に金銭や物品を贈ることを言います😍

特に、物品を寄付することを物品寄付と言い、楽器の寄付は物品寄付になります😊

また、学校や図書館など公共性の高いところに品物を贈る場合は寄贈と言われます🤩

寄付の種類

寄付の種類

・お金の寄付

・遺言書による寄付

・物品寄付

・ポイントの寄付

寄付は上記の4種類があります😎

お金の寄付は、定額寄付と単発寄付があります😆

定額寄付とは、毎月決まった額を支払う方法です😍

単発寄付とは、1回だけ寄付することを言います😘

遺言書による寄付(遺贈による寄付)は、遺言書を書き、自分が亡くなった後の財産を寄付することを言います😆

物品寄付は、物を寄付することで、未使用のハガキや切手、衣服、古本、楽器、食べ物などを寄付することが多いです😁

ポイントの寄付とは、Tポイント、楽天ポイント、飛行機のマイレージなどのポイントを寄付することを指します😁

寄付先の選び方

寄付先の選び方

・信頼できる団体かどうか

・寄付の使い先が記載されており、自分が納得する使い方をしているかどうか

寄付先はいくつもありますが、寄付先を選ぶポイントは、信頼できる団体か、寄付先の使い道は何かの2点になります🤩

信頼できるかどうかは、その団体が何年以上運営しているか、活動の規模が1000万円を超えているかなどをチェックします😁

おすすめなのは認定NPO法人で、認定NPO法人を認定されるには様々な審査基準をクリアしなければなりませんので、その分信頼度が大きいということになります🤩

寄付先についても、自分が納得する寄付先か、自分が援助したい寄付先かをチェックすると良いでしょう😍

楽器の寄付に関しては、学校、児童施設などが寄付先として多くなってきます😁

詳しくは後述していきます👍

寄付金控除

ポイント

・寄付金控除が受けられるのは国、地方自治体、公益法人や認定NPO法人に寄付した場合のみ

・税額控除か所得控除を選択する

・税額控除(寄付金特別控除):(寄付金合計額-2千円)×40%を税額から控除

・所得控除(寄付金控除):寄付金合計額-2千円を所得から控除

寄付金控除とは、国、地方自治体、公益法人や認定NPO法人等に寄付した場合に受けられる控除になります😆

税額控除か所得控除の有利な控除を選ぶことができます😘

控除額は上記の通りで、税額控除は年間所得の40%の寄付が控除の限度で、所得税額の25%を限度として控除が認められます😘

一方、所得控除は年間所得の40%が限度となります😆

注意したいのがNPO法人に寄付する場合で、控除を受けるには「認定NPO法人」でなければなりません😍

認定NPO法人とは、一定の基準を満たすものとして所轄の自治体の認定を受けた法人のことです😄

控除を受けるには確定申告が必要で、寄付先の団体が発行した領収証を添付し各自治体に申請しましょう👍

認定NPO法人とは

上記の項目において、寄付先の1つに認定NPO法人があることを紹介しました😎

しかし、そもそも認定NPO法人ってなんなのでしょうね??

ここでは、NPO法人や認定NPO法人について紹介していきます😍

NPO法人とは

NPO法人活動内容

*出典:内閣府NPO

NPO法人とは、営利を目的とせず社会貢献をする団体のことです😎

具体的には、上表の20種類の活動分野を実施する団体になります😊

認定NPO法人とは

認定NPO法人とは、NPO法人のうち「一定の基準を満たしている」と所轄庁が認めた法人のことです😎

2023年03月20日現在、全国で1,258件の認定NPO法人が認定されています😍

個人が認定NPO法人に寄付すると、メリットとして税額控除が受けられます😊

税額控除については、上述した「寄付金控除」の項目をご覧ください👍

ピアノ寄付の流れ

ピアノ寄付の流れ

ピアノを寄付するやり方は寄付先によりますが、一般的には上図のようになります😍

まず、寄付先がピアノを対象としているか調べます😊

多くの場合、ホームページに記載されていますので調べてみましょう😘

次に、自分でピアノを梱包し発送します😊(ピアノが梱包できない場合は運送会社に相談)

寄付先によりますが、対象品目にピアノが該当していれば事前連絡なしで送付して構わない場合が多いです😍

また、送付料は自己負担になる場合が多いです😅

寄付先がピアノを受け取ったら寄付完了です😊

税額控除に必要な領収書や感謝状が送られてくる場合は、後日連絡が来ます🤩

ちなみに、ピアノの買取ならば【ピアノの買取屋さん】その日にその場で現金化【無料出張見積もり】がおすすめです😆

楽器の買取屋さんは、出張費、査定費が無料で、当日支払いも可能なのです😁

電話での応対も丁寧ですので、もし不必要な楽器の処分に困っていたら、電話で相談してみましょう👍

ピアノの寄付先

この章では、信頼度が高く、ピアノが寄付できる寄付先についてご紹介していきます😊

寄付先を選ぶ際の参考にしてみてください👍

楽器寄附ふるさと納税

リンク:楽器寄附ふるさと納税

楽器寄附ふるさと納税実行委員会が運営する楽器支援事業です😊

楽器寄附ふるさと納税は、自治体を通じて学校などに楽器を寄附し、その団体の音楽活動を応援する取り組みを行っています😊

主な寄付先は、地域の学校及び音楽団体になります😍

寄付が完了すると自治体から感謝状が届きます😊

また、楽器の査定額に応じて税額控除を受けることができます😁

対象となる鍵盤楽器は、電子ピアノ、キーボード、アコーディオンです😊

また、「寄附きぼう以外」の楽器寄附ふるさと納税という制度もあり、こちらは対象外の楽器についても取り扱ってくれます😘

この制度の場合の寄付先は、上記と異なり査定協力事業者(株式会社マーケットエンタープライズ)の所有となり、新たに楽器を活用するリユース事業へ展開されます👍

ピティナ

リンク:ピティナ

一般社団法人全日本ピアノ指導者協会ピティナは、ピアノコンクールや音楽関係の各種事業を展開している団体になります😊

その中の1つの事業として、ピアノの寄付を行っています😎

寄付の使い道は、ピアノ関係の各種事業になります😊

買取会社がピアノを引き取りに来てくれるため、ピアノを発送する手間が省けます😍

電子ピアノは対象になっていないようです😊

事前に連絡する必要がありますので、自身のピアノが寄付できるかどうかは一度電話にて尋ねてみましょう👍

AIMEC

リンク:AIMEC

AIMECは認定NPO法人「子どものための国際音楽交流協会」の略称で、ウガンダなどの海外の子供達への楽器の寄贈を行っています😎

ピアノの寄付が可能かどうかはホームページに記載されていなかったのでわかりませんが、音色が出ればどんな楽器でも受け付けるとのことです😊

具体的には、問い合わせホームより連絡し、配送方法について相談することになります😊

基本的には、配送料は自己負担となります😊

EcoTrading

リンク:EcoTrading

株式会社ウォークが運営する支援事業になります😍

主にタイ、フィリピンのリサイクルショップに寄付し、その売り上げの一部を現地の孤児院や国内のNPO団体へ寄付する活動を行っています😊

予め取り扱い品目を確認し、事前連絡なしで宛先へ発送することができます😘

その際の送料は自己負担になります😘

対象となる鍵盤楽器は、電子ピアノ、アコーディオンです😍

YouSmile

リンク:YouSmile

REPROZホールディングス株式会社が運営する支援事業です😍

ミャンマーの現地法人の方が運営している孤児院への寄付を中心に活動しています😆

様々な寄付を対象としており、鍵盤楽器では電子ピアノが対象に入っています😊

YouSmileが楽器を受け取った後に、寄付先へ運送される仕組になっています😘

YouSmileへの楽器送料は自己負担になります😊

寄付以外のピアノ回収方法

お目当ての寄付先は見つかったでしょうか??

万が一、うまく寄付先が見つからない場合は、他の方法を考えてみても良いかもしれません😊

最後に、この章では寄付以外のピアノの回収方法についてご紹介していきます😎

具体的には、買取、粗大ゴミとしての廃棄、フリマアプリになります😊

1つ1つみていきましょう👍

買取してもらう

買取とは、楽器を売ることです😊

買取には、店頭買取、出張買取、宅配買取の3種類があります😘

店頭買取は、実際に楽器をお店に持っていき、買い取ってもらう方法です🤩

出張買取は、買取業者に自宅まで訪問してもらい、楽器を引き取ってもらう方法です😁

宅配買取は、自分で楽器を梱包し買取業者まで配送する方法になります😍

上記の買取方法のどれを選ぶかはそれぞれのメリットとデメリットを考慮して決めますが、ピアノのような大型の楽器には出張買取が最も適しています😘

業者によって、出張買取にかかる業者の出張料や査定料は無料になりますので、最終的に買取しなくとも余計な費用はかかりません😘

私のおすすめは【ピアノの買取屋さん】その日にその場で現金化【無料出張見積もり】で、出張料・査定料が無料、現金払い可能、最速30分で出張可能などの長所があります👍

粗大ゴミとして廃棄する

ピアノを廃棄する場合は、粗大ゴミとして廃棄することになります😆

粗大ゴミを廃棄するには、粗大ゴミ処理券を購入し、指定場所に廃棄することになります😊

しかし、気をつけなければならないのは、自治体によってピアノを粗大ゴミとして廃棄してはいけないことがあるということです😅

その場合は、不用品回収業者に依頼することになるので、事前に自治体にピアノを廃棄して良いか問い合わせておきましょう👍

フリマアプリを利用する

フリマアプリを利用して楽器を売る方法です😎

基本的にはユーザー数が多いアプリがおすすめになりますので、メルカリなどの有名なアプリがおすすめになります😍

しかし、フリマアプリは自分で楽器を梱包し発送する必要があるため、ピアノには不向きな方法であると言えます😅

個人的には、フリマアプリを選択するなら出張買取の方が良いと思います🤔

まとめ

さて、本記事をまとめますと・・・

<ピアノを寄付する方法>

・寄付先を選ぶ

・ピアノが寄付の対象にあるか調べる

・ピアノを配送する

今回は、施設にピアノを寄付するについてご紹介しました😍

本記事を参考にしつつ、自分に合った寄付先を選んでください👍

ちなみに、楽譜を自動で伴奏してくれるアプリがあることはご存知でしょうか??

Metronautは、自分の好みな曲を選択すると楽譜が表示され、さらに伴奏音源を流しながら自分の楽器を練習することができるアプリです😆

例えば、自分の好きな曲を選択し、ピアノ伴奏を流しながらフルートを演奏することができます😍

また、フルートをオンにすれば、お手本演奏として音源を聴くこともできます😍

今なら、1週間無料トライヤルを実施していますので、試しに使用してみてはいかがでしょうか👍

また、以下の記事ではMetronautを始めとした自動伴奏アプリやそれらの使い方について紹介していますので、こちらもぜひご覧になってみてください👍

楽器を売りたい方へ

使わなくなった楽器や古い楽器の整理をしたいけど、廃棄するのがもったいなかったりしますよね😅

そんな時は、出張買取が便利ですよ😆

出張買取は、業者が自宅まで赴き楽器の査定してくれます😁

そして、気に入った金額ならばその場で支払いをし、楽器を引き取ってくれるのです😆

しかも、買取が不可能でも楽器を引き取り廃棄してくれる業者もあります😆

私がおすすめなのは【ピアノの買取屋さん】その日にその場で現金化【無料出張見積もり】で、出張費、査定費が無料で、当日支払いも可能なのです😁

電話での応対も丁寧ですので、もし不必要な楽器の処分に困っていたら、電話で相談してみましょう👍

また、以下の記事では楽器買取について詳しく紹介していますので、興味がある方は以下の記事もご覧になってみてください👍

私がおすすめなのは楽器の買取屋さんで、出張費、査定費が無料で、当日支払いも可能なのです😁

電話での応対も丁寧ですので、もし不必要な楽器の処分に困っていたら、電話で相談してみましょう👍

また、以下の記事では楽器買取について詳しく紹介していますので、興味がある方は以下の記事もご覧になってみてください👍

Visited 977 times, 1 visit(s) today

楽器買取楽器買取

Posted by Irassai