当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

※この記事には広告・PRが含まれています。

中学生・高校生におすすめしたいクラリネットのソロコン11選

2024年1月14日

執筆者紹介

執筆者紹介

当ブログでは、フルートを中心とした音楽情報に関するブログ記事を投稿しています😁

私の細かいプロフィールはこちらです😁

どーも、Irassaiです😎

さて、実力もついてきたし、そろそろコンクールに出場してみますか🔥・・・どのコンクールに参加すれば良いんでしょうね??

ということで、今回はソロコンにおけるおすすめクラリネットコンクールについて紹介していきたいと思います😆

代表的なコンクールを中心に、早見表を作って比較、対象者別におすすめなコンクールの紹介、各コンクールの特徴や課題曲を紹介しています😁

本記事を参考にしつつ、自分に合ったコンクールに出場してみましょう👍

ちなみに、楽譜を自動で伴奏や演奏をしてくれるアプリをご存知ですか??

Metronautは、自分の好みな曲を選択すると楽譜が表示され、さらに伴奏音源を流しながら自分の楽器を練習することができるアプリです😆

例えば、自分の好きな曲を選択し、ピアノ伴奏を流しながらフルートを演奏することができます😍

また、フルートをオンにすれば、お手本演奏として音源を聴くこともできます😍

今なら、1週間無料トライヤルを実施していますので、試しに使用してみてはいかがでしょうか👍

*リンク先は英語表記ですが、ダウンロード後は日本語表記になりますのでご安心ください。

また、以下の記事ではMetronautを始めとした自動伴奏アプリやそれらの使い方について紹介していますので、こちらもぜひご覧になってみてください👍

対象者別おすすめクラリネットコンクール

この章では、対象者別におすすめなクラリネットコンクールを紹介していきます😘

どのコンクールに参加すべきか悩まれている方は参考にしてみてください👍

一般・アマチュア部門

動画審査を利用して気軽に挑戦してみたい方

全日本管楽コンクール

特徴

・動画審査と対面審査の2種類がある

・レベルは易〜中で、挑戦しやすい

・地区大会(動画or対面)→ブロック大会(動画or対面)→全国大会(対面)

全日本管楽コンクールはいかがでしょうか??

このコンクールは、対面審査だけでなく動画審査も実施しているのが特徴になります😆

例えば、初めてコンクールに参加するけども、いきなり会場で演奏するのは緊張するという場合、動画審査に挑戦してみるのが良いと思います👍

初めてコンクールに出場する方、人前での審査に緊張する方におすすめなコンクールとなります👍

2024年度大会の応募は、2023年10月1日~2024年1月31日です👍

少しレベルの高いコンクールに出場してみたい方

【日本クラシック音楽コンクール】

特徴

・1991年から開催している歴史のあるコンクール

・レベルは中で、ややレベルが高い

・予選→本選→全国大会

【日本クラシック音楽コンクール】がおすすめです😘

アマチュア部門はなく、一般部門として参加することになります😍

また、入賞者は音大生が主なので、レベルの高いコンクールとなります😁

他のコンクールへの出場経験がある方や、自分の実力を試してみたい方におすすめなコンクールとなります😆

高校生・中学生部門

動画審査を利用して気軽に挑戦してみたい方

全日本管楽コンクール

特徴

・動画審査と対面審査の2種類がある

・レベルは易〜中で、挑戦しやすい

・地区大会(動画or対面)→ブロック大会(動画or対面)→全国大会(対面)

全日本管楽コンクールはいかがでしょうか??

このコンクールは、対面審査だけでなく動画審査も実施しているのが特徴になります😆

例えば、初めてコンクールに参加するけども、いきなり会場で演奏するのは緊張するという場合、動画審査に挑戦してみるのが良いと思います👍

初めてコンクールに出場する方、人前での審査に緊張する方におすすめなコンクールとなります👍

2024年度大会の応募は、2023年10月1日~2024年1月31日です👍

少しレベルの高いコンクールに出場してみたい方

【日本ジュニア管打楽器コンクール】

特徴

・若手の登竜門としての位置付け

・レベルの高い参加者が出場

・予選会(音源審査)→本選(会場)

【日本ジュニア管打楽器コンクール】がおすすめです😍

1984年から開催されている歴史のあるコンクールで、若手の登竜門としても位置付けられています😆

将来、音大に進みたい、音楽家として活動していきたい方におすすめなコンクールになります😆

クラリネットコンクール早見表

この章では、本記事で紹介するクラリネットコンクールの早見表を作りました😍

それぞれのコンクールの特徴を比較しながら選びたい場合などにご利用ください👍

一般・アマチュア

一般・アマチュアのクラリネットコンクール 一覧

本記事で紹介するアマチュア部門および一般部門のあるコンクールは、7種類になります😍

島村楽器音楽コンクール、日本演奏家コンクールは指定の課題曲があります😆

他のコンクールは、全て自由曲になります😍

音源審査や映像審査があるのは、全日本管楽コンクール、日本奏楽コンクール、Kアマチュアコンクールです😘

高校生・中学生

高校生・中学生のクラリネットコンクール 一覧

本記事で紹介する高校生部門および中学生部門があるコンクールは、全部で6種類になります😆

日本木管コンクール、ヤング・クラリネッティストコンクールは指定の課題曲があります😆

他のコンクールは、全て自由曲になります😄

音源審査や動画審査があるのは、全日本管楽コンクール、日本ジュニア管打楽器コンクール、日本木管コンクール、ヤング・クラリネッティストコンクールです😘

なお、オーボエのおすすめコンクールについて紹介した記事もありますので、こちらも是非ご覧ください👍

クラリネットコンクール(一般・アマチュア)

この章では、一般・アマチュアとして部門があるクラリネットのコンクールについて紹介していきます🤩

なお、音大生やプロの方と同じ部門になるコンクールは省いています😁

1つ1つみていきましょう♪

ちなみに、サックスのコンクールについても興味がある方はこちらの記事もご覧ください👍

大阪国際音楽コンクール

大阪国際音楽コンクール

大阪国際音楽コンクール 概要

*参考情報:大阪国際音楽コンクール

大阪国際音楽コンクールは、幅広いジャンルや年齢層が参加できる総合音楽コンクールとして知られています😎

sectionⅠ、sectionⅡ、sectionⅢの3部門があります😘

クラリネットとして参加する場合、sectionⅠのAge-G(一般)またはシニア部門、sectionⅢのアマチュア部門に参加することになります😍

<大阪国際音楽コンクール(sectionⅢ)審査内容>

自由曲 1 曲

島村楽器音楽コンクール

島村楽器音楽コンクール

島村楽器音楽コンクール 概要

*参考情報:島村楽器音楽コンクール

島村楽器音楽コンクールは、島村楽器が主催するコンクールで、島村楽器に通っている生徒限定のコンクールです😎

基本的に、アマチュアの方を対象としたコンクールで、敷居も低く気軽に参加できるのが特徴です😘

対象は小学生、中学生、高校生、一般(趣味で楽しんでいる方向け)、シニア(満60歳以上の方)、専門(満18歳以上、音大などの専門家向け)です😍

<第37回大会(2023年度)一般・シニア部門 課題曲>

〈地区予選会課題曲〉

課題曲指定版
26のエチュード 11番、24番より任意の1曲26のエチュード(指定版なし)
20のやさしい練習曲 8番、11番、13番より任意の1曲20のやさしい練習曲(ビヨドウ)
26のエチュードより任意の1曲26のエチュード(全音)
32のエチュードより任意の1曲32のエチュード(全音)
40のエチュードより任意の1曲40のエチュード(全音)

〈地区本選会・全国本選会(全部門)〉

任意のクラシック曲(複数曲可)

*課題曲は島村楽器音楽コンクール募集要項から引用

全日本管楽コンクール

【全日本管楽コンクール】

全日本管楽コンクール概要

一般社団法人日本音楽協会により主催される音楽コンクールです😎

フルート、オーボエ、クラリネット、サックスの4部門からなります😍

小学生〜一般、一般プロの10部門からなり、一般部門はプロや音大卒の方は出場できません😆

一般部門は、U30(30歳まで), U55(31歳〜55歳まで), O56(56歳以上)があり、年齢別に分かれています😆

地区大会とブロック大会は動画審査or対面審査、全国大会は対面審査になります😁

<2024年度大会 一般部門 課題曲>

地区大会、ブロック大会、全国大会いずれも自由曲(6分以内)

日本演奏家コンクール

日本演奏家コンクール

日本演奏家コンクール 概要

*参考情報:日本演奏家コンクール

日本演奏家コンクールは、関東で主に開催されているコンクールです😎

小学生の部、中学生の部、高校生の部、大学生の部、一般Aの部、一般Bの部、アマチュアの部があります😍

ここでは、アマチュアの部についてご紹介します😆

<日本演奏家コンクール(2023年度大会アマチュアの部)課題曲>

1次予選、2次予選、本選の全てが自由曲

*自由曲は一次予選から本選まで同じものでも可。
*自由曲は単曲、組み合わせどちらでも可。

日本クラシック音楽コンクール(クラリネット部門)

日本クラシック音楽コンクール

日本クラシック音楽コンクール(クラリネット部門) 概要

*参考情報:日本クラシック音楽コンクール

日本クラシック音楽コンクールは、日本クラシック音楽協会が、1991年から開催している音楽コンクールです😎

一般の部の他に、小学生の部、中学生の部、高校生の部、大学生の部があります🤩

このコンクールの入賞者は音大の方が多いですが、大学生の部もあるので、音大の参加者はどちらかに割れている印象です🤩

*予選会は全国で開催されており、居住地に関係なく参加できます。

*また、参加回数の制限はないので、他の会場を同時に参加することができます。(受かるまで、いろんな会場でチャレンジできます)

<第33回大会(2023年度)課題曲>

自由曲

*自由に選択できますが、「クラシック音楽以外の審査が不可能な曲、楽譜が出版されていない曲、自作曲では申し込めません」の点に注意。

日本奏楽コンクール

日本奏楽コンクール

日本奏楽コンクール 概要

*参考情報:日本奏楽コンクール

日本奏楽コンクールは、幅広い年齢層から優れた才能の発掘と育成を図ることを目的としているコンクールです😎

小学生の部、中学生の部、高校生の部、大学生の部、一般Aの部、一般Bの部、アマチュアの部があります😍

クラリネットは、管楽器部門、アンサンブル部門、アマチュア部門があります😘

ここでは、アマチュア部門を見ていきます😘

<第5回大会(2023年度, アマチュア部門)課題曲>

任意の一曲または複数曲の自由曲 (予備審査、予選、本選が同一曲、または異なる作品でも可)

Kアマチュアコンクール

Kアマチュアコンクール

K音楽コンクール 概要

*参考情報:Kアマチュアコンクール

Kアマチュアコンクールは、結果や成績のみを競うのではなく「音楽家としてのステップアップを目指す」コンクールです😎

また、動画審査で予選と本選を参加することもできるのが特徴です😍

クラリネットは、管楽器部門として参加することになります😍

<第19回(2023年度大会) 課題曲>

自由曲。時間内、複数曲可。自作は認めません。

クラリネットコンクール(高校生・中学生)

この章では、高校生部門および中学生部門のあるクラリネットコンクールについて紹介していきます😎

1つ1つ見ていきましょう♫

全日本管楽コンクール

全日本管楽コンクール

*収録審査:会場での演奏を撮影し映像で審査

一般社団法人日本音楽協会により主催される音楽コンクールです😎

フルート、オーボエ、クラリネットの3部門からなります😍

小学生〜一般、一般プロの10部門からなり、一般部門はプロや音大卒の方は出場できません😆

地区大会は動画審査または収録審査、ブロック大会は動画審査または収録審査、全国大会は対面審査と収録審査になります😁

<2024年度大会 課題曲>

自由曲

全日本ジュニアクラシック音楽コンクール

全日本ジュニアクラシック音楽コンクール

全日本ジュニアクラシック音楽コンクール 概要

*参考情報:全日本ジュニアクラシック音楽コンクール

全日本ジュニアクラシック音楽コンクールは、日ごろの勉強の成果を表彰することによって今後の精進への励みになることを目指し設立されたコンクールです😎

クラリネットは、木管楽器部門に参加することになります😍

<45回大会(2023年度) 課題曲>

全日程自由曲(クラシック音楽に限る)

*本選は予選と別の曲を演奏

*全国大会は予選、本選と同じ曲でも可

日本クラシック音楽コンクール

日本クラシック音楽コンクール

日本クラシック音楽コンクール 概要

一般・アマチュアの項目で紹介したコンクールです😎

概要や審査内容は一般の部と同じですので、アマチュア一般で紹介した内容をご参照ください👍

日本ジュニア管打楽器コンクール

日本ジュニア管打楽器コンクール

日本ジュニア管打楽器コンクール概要

*参考情報:日本ジュニア管打楽器コンクール

日本ジュニア管打楽器コンクールは、音楽界の啓発と普及に貢献することを目的としたコンクールであり、毎年開催されています😎

小学生コース、中学生コース、高校生コースのソロ部門とアンサンブル部門があります😍

<第26回大会(2024年度)課題曲>

予選会、本選会ともに5分以内の任意の曲。

*予選会、本選会ともに同一の曲であること。

日本木管コンクール(クラリネット部門)

日本木管コンクール

日本木管コンクール(クラリネット部門) 概要

*参考情報:日本木管コンクール

加東市、日本木管コンクール理事会、NPO法人新しい風かとう、加東市教育委員会により主催されるコンクールです😎

隔年でフルートとクラリネットのコンクールを交互に実施しています😁

予備審査はYoutubeでの動画審査、本審査は兵庫県にある会場で実施され、1次予選、2次予選、本選から構成されています😁

<第34回大会(2023年度)課題曲>

予備審査

下記6曲のうち1曲を選択して演奏する。

日本木管コンクール(クラリネット部門) 予備審査 課題曲

1次予選

予備審査で選択した曲を演奏する。

2次予選

Wolfgang Amadeus Mozart : Klarinettenkonzert

*全曲を暗譜で演奏する。

本選

A:下記3曲の協奏曲の内、1曲を選択して演奏する

B:1980年以降に作曲されたクラリネットソロの曲(出版されている曲に限る)

*A.Bを合わせて40分以内とする(Bのソロの曲はカットしても良い)

日本木管コンクール(クラリネット部門) 本選 課題曲

*各課題曲は日本木管コンクールHPより引用。

ヤング・クラリネッティストコンクール

ヤング・クラリネッティストコンクール

ヤング・クラリネッティストコンクール 概要

*参考情報:ヤング・クラリネッティストコンクール

一般社団法人 日本クラリネット協会により主催されるコンクールです😎

日本クラリネットコンクール、ヤング・クラリネッティストコンクール、クラリネット・アンサンブルコンクールの3つのコンクールがあります😍

ヤング・クラリネッティストコンクールは、20歳以下を対象とした若手のためのコンクールとなっています😘

予選は動画審査、二次予選および本選は会場での演奏審査になります😁

2023年度大会における会場は、東京にある東京音楽大学池袋キャンパスで実施されます😘

<第12回大会(2023年度)課題曲>

1. ジュニアA部門

【予選】

無伴奏 J.Lancelot / 25 Etudes より No.5、No.7、No.10 より1曲選択 

*動画提出


【本選】

伴奏付 J.X. Lefevre / Sonate No.7(Billaudot 版) 全楽章(繰り返しなし)

2. ジュニアB部門

【予選】

無伴奏 C.Rose / 32 Etudes より No.14 および No.24 の2曲 

*動画提出


【本選】

伴奏付 下記 a もしくは b より1曲を選択

a:A.Messager / Solo de concours

b:H.Rabaud / Solo de concours

3. ヤング・アーティスト部門

【第一次予選】

J.S.Bach(F.Héau)/30 Etudes より No.8 Double(Billaudot 版) 

*動画提出


【第二次予選】

伴奏付 下記 a、b、c より1曲を選択


a:R. Gallois Montbrun / Concertstück
b:P.Revel / Fantaisie
c:E.Bozza / Bucolique

【本選】伴奏付。伴奏部分のカット有り。予選時に指定


C.M.v Weber / Concerto No.2(出版社指定なし)

【注意事項】
1) 伴奏のあるものについてはピアノ伴奏に限る 。
2) 出版社の指定のないものについては、どの出版社の楽譜でも可とする。

*課題曲内容は第12回ヤング・クラリネッティストコンクールHPより引用。

まとめ

さて、本記事をまとめますと・・・・

<対象者別おすすめクラリネットコンクール>

1. 一般部門・アマチュア部門

・動画審査を利用して気軽に挑戦してみたい方:全日本管楽コンクール

・少しレベルの高いコンクールに参加してみたい方:日本クラシック音楽コンクール

2. 高校生部門・中学生部門

・動画審査を利用して気軽に挑戦してみたい方:全日本管楽コンクール

・少しレベルの高いコンクールに参加してみたい方:日本ジュニア管打楽器コンクール

最後までご覧いただき有難うございました😎

ちなみに、楽譜を自動で伴奏してくれるアプリがあることはご存知でしょうか??

Metronautは、自分の好みな曲を選択すると楽譜が表示され、さらに伴奏音源を流しながら自分の楽器を練習することができるアプリです😆

例えば、自分の好きな曲を選択し、ピアノ伴奏を流しながらフルートを演奏することができます😍

また、フルートをオンにすれば、お手本演奏として音源を聴くこともできます😍

今なら、1週間無料トライヤルを実施していますので、試しに使用してみてはいかがでしょうか👍

また、以下の記事ではMetronautを始めとした自動伴奏アプリやそれらの使い方について紹介していますので、こちらもぜひご覧になってみてください👍

楽器を売りたい方へ

使わなくなった楽器や古い楽器の整理をしたいけど、廃棄するのがもったいなかったりしますよね😅

そんな時は、出張買取が便利ですよ😆

出張買取は、業者が自宅まで赴き楽器の査定してくれます😁

そして、気に入った金額ならばその場で支払いをし、楽器を引き取ってくれるのです😆

しかも、買取が不可能でも楽器を引き取り廃棄してくれる業者もあります😆

私がおすすめなのは楽器の買取屋さんで、出張費、査定費が無料で、当日支払いも可能なのです😁

電話での応対も丁寧ですので、もし不必要な楽器の処分に困っていたら、電話で相談してみましょう👍

また、以下の記事では楽器買取について詳しく紹介していますので、興味がある方は以下の記事もご覧になってみてください👍

Visited 953 times, 1 visit(s) today